WWO-Woman Welleness Online-

カサカサ肌もぷっくり♡触りたくなっちゃう「大人のモチ肌」の作り方

shutterstock_256976383

これから年末に向けて、イベントが盛りだくさん! しかし、冬といえば乾燥の季節でもあります。今までのお手入れを続けているだけではカサカサになってしまうかも……。それでは、せっかくのイベントも楽しめませんよね。

そこで、今回はメイクアップアーティストの筆者が、男性が思わず触りたくなるような“モチ肌”になれちゃうスキンケアのコツをご紹介します。

 

■ダブル洗顔はNG!「モチ肌」にはクレンジングがポイント

メイクを落とした後にせっけんや洗顔フォームでダブル洗顔をしていませんか? 実はこれ、肌の乾燥を進行させているんです! 乾燥しがちな冬はとくに気を付ける必要があります。

だけど、スキンケアの中でも“最も大切”といわれている洗顔をしないわけにはいきませんよね。

そこで注目すべきはスキンケア。ダブル洗顔なしでしっとりした肌を目指すために、質の良いクレンジング材を用意しましょう。とくに、保湿を意識するなら“植物性オイル”での洗顔がベストです。不純物の少ない天然素材のものなら安心ですよ。

 

■大さじ2杯以上!「モチ肌」になる化粧水の適量

洗顔が終わったら次は化粧水ですね。冬だからといって「とにかく高級な乳液や美容液を買わなくちゃ!」と思っているあなた。まずは、化粧水の使い方を知ることが大切ですよ。

コツの1つは、思っている以上に大量の化粧水を使うこと。 具体的には、1回のスキンケアに大さじ2杯以上の化粧水を使うのが理想です。お肌の表面だけでなく、しっかりと内側まで浸透させるためにはこれくらいの量が必要になります。普段使っている量はかなり少なかったのでは?

 

■美白もできちゃう!? 正しい化粧水の塗り方

もう1つのコツは、化粧水の浸透のさせ方です。手のひらやコットンに化粧水をとって肌にペタペタとおいていくようなつけ方をしている方が多いはず。

しかし、これでは化粧水が肌の表面についだだけで、すぐに乾燥してしまうんです!しっかりと保湿させるためには、化粧水を手のひらに馴染ませたあとに肌の上で“円を描くように”すり込んでいく方法がベスト。

ちなみに、円を描くときはあくまでも優しく、肌に摩擦が起きないようにするのがポイントです。そのためにも、化粧水はたっぷり使ったほうがよいのですね。マッサージしながら浸透させると肌がワントーン明るくなることもありますよ。

 

いかがでしたか? スキンケア全般として大切なのは、“使う量を多めにして、肌に摩擦が起きないように優しく触れていくこと”です。

男性が思わず触れたくなる“モチ肌”づくりは、自分が自分の肌を優しく扱うことからはじまります。ちょっとの工夫と心がけで肌のコンディションが見違えるほどよくなりますので、ぜひお試しくださいね。

【著者略歴】

荒川由里子・・・小顔矯正セラピスト、メイクアップアーティスト。東京芸術大学卒業後、メイクと小顔矯正の技術を学び東京、市ヶ谷にて小顔矯正と顔分析メイクアップのサロンインピースをオープン。東京表参道の老舗メイクスクールであるカマタメイクアップスクール(旧 シュウウエムラ メイクアップスクール)にて講師も勤める。

【関連記事】

※ メイクのプロも絶賛!「洗浄力が強いのに肌にイイ」クレンジンング3選

丸顔さんはやっちゃダメ!小顔矯正のプロが教える「NGアイブロウ」と美人メイク法とは

※ 白髪、ボリューム不足は老けてみられる!上品な「若返る美髪」方法って?[PR]

それ、似合わないかも!? メイクのプロが教える「チーク選び」で失敗しない2つのポイント

※ ほうれい線があると11歳も老け顔に!? 今すぐ始めたい「レスキューコスメ」とは[PR]

【画像】

※ Nina Buday / shutterstock