専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Food > ココが違った!ビタミンCで「本当に」キレイになっている人の摂り方とは

ココが違った!ビタミンCで「本当に」キレイになっている人の摂り方とは

「最近肌荒れが気になる……」という方など健康にも美容にも欠かせない“ビタミンC”ですが、皆さんはどのように食事に取り入れていますか? 朝スムージーや、サラダ、スープなどで積極的に野菜を摂ることを意識されているかと思います。ビタミンCは一般的に野菜や果物に豊富とされていますが、「野菜=果物」という認識でどちらかに偏った食生活をしていませんか?

そこで今回は“本当にキレイになるためのビタミンCの摂り方”をご紹介します。

 

■“野菜代わり”の果物はNG!太る原因にも

果物と野菜、どちらもビタミン・ミネラル・食物繊維の給源となりますが、“野菜の代わりに果物を摂る”というのは通用しないのです。今日はサラダの代わりにフルーツジュースにしようというのは効果的ではないということになりますね。

野菜と果物では、摂れるビタミンやミネラルや食物繊維の種類も違いますし、決定的な差は“糖質”です。果糖は過剰に摂取すると中性脂肪を増大させたり肥満につながる恐れがあります。

例えばりんご半分、バナナ1本、いちご16粒がそれぞれ約80kcalに相当し、お砂糖などをかければさらに高カロリーになってしまいます。くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

また果物で摂取できるのは主にはビタミンCですが、野菜はその他のビタミン要素を摂取できるというのもポイントです。果物と野菜、バランスよく取り入れたいですね。

 

サプリはいつ飲むのが効果的?

ビタミンCは、1度にまとめて摂るのではなく日中に数回に分けて摂ることが大切なのですが、特に“寝る前”の摂取がオススメ。

1つに、ビタミンCは抗酸化力の強いビタミンですので、寝ている間に体内に発生した活性酸素の除去に一役買ってくれるのと、ストレスが多いときに分泌が多くなる『コルチゾール』の分泌も抑える働きがあるので、安眠を促してくれます。

コルチゾールが多い状態だと血糖値も高くなり脂肪がつきやすくなります。ストレス太り予防にも“寝る前ビタミンC”習慣は良さそうですね。

 

ビタミンCが不足すると、肌の真皮や血管壁を構成するタンパク質のコラーゲンが体内で十分に作られなくなり、美肌とはほど遠い状況に……。摂取する方法は果物、野菜、サプリメントとありますが、いずれにせよどれかに偏らず、バランスよく補うことを心がけましょう。

【関連記事】

※ 食べても太らない人と「なかなか痩せない」人の決定的違いって?

【参考】

eヘルスネット – 厚生労働省

専門家が美容・健康に関する情報を発信する20~30代後半女性向け情報メディア。自分が「心地よいと感じられる美しさ」を手に入れたいと願う大人の女性に寄り添う情報が満載です。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる