専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Health > これって乳ガン…?胸にある「コロコロしこり」の正体とは

これって乳ガン…?胸にある「コロコロしこり」の正体とは

 ■そもそも、「乳腺繊維腺腫」とは?

乳腺維腺腫とは乳房の良性腫瘍で、10歳代後半から40歳代の人に多く起こります。乳腺の良性腫瘍の中で最も多いのが、この線維腺腫です。ころころとしたしこりで、触ってみるとよく動き、表面は小豆のようにつるつるしています。大きさは1cm~2cmのことが多いです。

がんのしこりは、動いてもお乳と一緒に動き、表面はクルミのようにごつごつしているか、境界がはっきりわかりません。マンモグラフィや超音波検査などの画像検査や針細胞診、針生検で診断します。

 

■がんとは関係ないので、心配は無用!

繊維線種は良性の腫瘍です。命を脅かすようなことはありませんので、安心してくださいね。閉経後にはわからなくなることも多いのです。癌との関係もありませんので、無用な心配はやめましょう。

ただ、まれに腫瘍が大きくなる方もいます。あまり大きくなるようであれば手術で取り除いた方がよいでしょう。とはいえ、手術はとても簡単なので、やはり心配は無用です

 

■通常の対処法はどうすればよい?

お医者さんの指示に従ってください。おそらく1カ月後〜1年後に検診へ来るように言われます。体や腫瘤の状態を診て、お医者さんが判断してくれます。ご自分でも月に一度はお風呂で体を洗うついでに大きさをチェックしてみてください。大きさの違いがないようなら、そのままでも問題ありません。もしも何らか異変を感じた際は、一度、診てもらった先生のところを受診してください。

Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる