専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > 【プロが実践してみました!】話題の「オロナインパック」、結果は如何に!?

【プロが実践してみました!】話題の「オロナインパック」、結果は如何に!?

ネット界隈で話題になっているのが“オロナインパック”という美容法。ドラッグストアでも販売されている昔ながらのあの軟膏を使った毛穴ケア法なのですが、この軟膏が美容にも良いとは寝耳に水ですよね!

今回はズバリ、オロナインパックの効果がどれほどのものなのかを、メイクアップアーティストの黒木絵里が実際試してみた結果をご紹介します。

 

ネットで話題沸騰!「オロナインパック」とは

“オロナインパック”とは、その名のとおり『オロナイン®H軟膏』で気になる鼻の毛穴部分を覆うように、オロナインをたっぷり塗り、しばらく放置してから1度洗い流した後、市販の吸着タイプの毛穴パックをすると、毛穴の汚れが“根こそぎ取れる!”という話題の毛穴ケア法です。

メカニズムの真相は定かではありませんが、毛穴パックをやるだけでは取ることのできなかった毛穴汚れが、オロナインパックをしたことによって、より多くの汚れが取れるというのがなんとも魅力的、と言われている方法です。

 

プロとしては「そのケア方法、ちょっと待った!」

経験者はわかると思いますが、はがすタイプの毛穴パックは、はがすときに痛みも伴うこともあるほどの強力な吸着力です。その強力な吸着力により、毛穴の汚れを吸着させて取り去る力は確かに優秀なのですが、それだけに様々な弊害もあります。

まず、毛穴に詰まっていた汚れをスポッと取り去ることで、その汚れで広がっていた毛穴が開きっぱなしの状態に。開きっぱなしの毛穴には、汚れが入り込みやすくなり、再び毛穴汚れの原因に。

そして、強力な吸着力のデメリットは、古い角質だけでなく、まだ未発達の角質さえも取り去ってしまうこと。必要な角質までも除去してしまうことで、肌の乾燥を招き、毛穴の開きを助長してしまうこともあるのです。

 

「黒木流・オリジナルオロナインパック」の行程はココが違う

(1)毛穴ケアの常識!ホットタオルで毛穴を開かせる

毛穴ケアは、やみくもにケアしても効率が悪い! まずは、ホットタオルで毛穴を十分に開かせてから行います。

(2)いよいよオロナイン軟膏を鼻に塗る

毛穴を十分に開かせたあとは、オロナイン軟膏を少し厚めに肌色が見えなくなる程度まで塗っていきます。

(3)オロナイン軟膏を塗った上からラップをかぶせ、待つこと15分

オロナイン軟膏を塗った上からラップをすることで、適度な保温・保湿効果があり、オロナイン軟膏がより毛穴に浸透しやすくなります。

(4)コットンでやさしく拭き取る

巷の女性が行っているオロナインパックは、ここで1度オロナイン軟膏を洗い流す作業に入りますが、筆者はその手間を省きます。それは、その後の手順に秘密があります。

(5)クレンジングオイルを鼻だけにクルクルなじませる

オロナイン軟膏を洗い流さず、拭き取ったのはここで毛穴のクレンジングをするためだからです。皮脂汚れを浮かせるためには、オイルクレンジングが最適。パックを行った鼻の部分だけにオイルをなじませ、やさしくクルクルなじませます。

(6)オイルをしっかり乳化させ、ぬるま湯で洗い流す

ここで初めて洗い流します。洗い流すのは水ではなく、ぬるま湯で。36℃〜38℃程度を目安に、しっかりとオイルを乳化させてから、すすぎ残しのないように流します。

 

嬉しい「ふわ肌」も実感!

清潔なタオルで拭き取ったあと、鏡をまじまじと覗き込むと……、気になっていた細かい小鼻部分の汚れまで気にならなくなっているではありませんか! 日頃の洗顔から気にかけている筆者でも、このパーツはしぶとく、悩みの絶えない箇所だっただけにビックリ。

それだけではありません。オロナイン軟膏で保湿されたためか、鼻の皮膚が潤いフワフワの柔らかい肌に変化していたのです。やはり、「オロナイン軟膏は美容にも効果が期待できる」という説を信じてもイイかな、という気に思わずなってしまうほど。

 

忘れちゃいけない!アフターケア

どんな毛穴ケアをしたあとにも忘れてはいけないのが、アフターケア。毛穴を開いて汚れを除去する作業を行ったのですから、開いたあとは閉じるのがマスト。正確にいうと、“毛穴の引き締め作業”です。

筆者が行ったアフターケアは、保冷剤をガーゼハンカチにくるんで鼻にあてます。もちろん冷やしすぎは厳禁! 心地良い程度に冷やして、毛穴を引き締めます。このほかにも、冷蔵庫で冷やしておいた化粧水をパッティングするという方法もオススメです。引き締め作業ののち、保湿することを忘れずに!

 

正確な理由については分からないままであるものの、個人的にはこの話題のパック法、”アリ”でした! メーカーが意図している商品の用途はかけ離れた使用法ではあるので自己責任とはなりますが、その仕事ッぷりに大満足の結果となりました。

【関連記事】

※ 【プロ秘伝】塗り過ぎ卒業!チークを鮮やかな「見たまま発色」させる裏ワザ

 早くやればよかった…!「花粉症も食欲も抑える」驚きの方法って

※ 外出時の「マスク=保湿」は間違い!勘違いマスク美容していませんか?

※ 2015春は透明感、素肌感!プロが選ぶ「美人度アップ」しまくりリップ3選

※ その太眉古いかも!? トレンド太眉に仕上げる「◯◯カラー」の鉄則って?

 

【著者略歴】

※ 黒木絵里・・・東京モード学園メイクヘア学科卒業後、外資系化粧品メーカーBOBBI BROWN、smashbox cosmeticsの2社を経験。専門学校在学中に取得した専修学校准教員認定資格を活かし、現在は「Eri Kuroki Make-up solution」の代表として、一般の方向けのメイクレッスンや、美容師のメイクスキル向上のための人材育成を行っている。また、シナプスオンラインサロンにおいて、メイクのオンラインサロン「メイクのいろは」を開設。会員特典であるオンラインでの、プロが直接答える美容に関する質問し放題プランや、オフラインでは、年2回行われるトレンドメイクセミナーやメンバー同士のオフ会などが注目されている。

 

【参考】

オロナインH軟膏 – 大塚製薬

黒木絵里
メイクアップアーティスト/美容家
外資系化粧品メーカー2社を経て独立。現在「Eri Kuroki Make-up solution」代表として人材育成やメイクセミナー、コスメ・メイク監修などの美容コンサルティング業務をおこなっている。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる