専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > 一瞬でプロ仕様!テクなしでも「濡れたようなツヤ感」演出できる秀逸アイシャドウ3選

一瞬でプロ仕様!テクなしでも「濡れたようなツヤ感」演出できる秀逸アイシャドウ3選

まるで濡れたようなツヤ感を演出する“ロースキンアイメイク”が今春特にオススメ。

トレンドの”ロースキン”メイクはベースメイクだけでなく、 シアーでツヤ感のある“ポイントメイク”とセットでこそ上質感が出ます。

そこで今回は、メイクアップアーティストの黒木絵里が“濡れたようなツヤ感を簡単に演出できる”秀逸クリームアイシャドウを3つご紹介します。

 

■ツヤ感を強く表現できる「クリームアイシャドウ」

今トレンドの”ロースキン”をより魅力的に仕上げるためには、パウダータイプより”クリームタイプ”のアイシャドウがピッタリ! クリームアイシャドウは、パウダーに比べ、ツヤ感をより強く表現できるため、”ロースキンメイク”にはマストなアイテムなのです。

 

プロも惚れた!秀逸アイシャドウ3選

(1)ロングウェア クリーム シャドウ スティック / BOBBI BROWN

【プロがオススメ】ロースキンの立役者! 一手間で簡単プロ仕様のツヤめく目元を演出する秀逸クリームアイシャドウ3選

ボビイブラウンと言えばお得意の肌馴染み抜群の“アースカラー”系のカラー展開。この商品はそれに加えて、テクスチャーと密着感! 数あるクリームアイシャドウのなかでも上位に食い込む逸品だと思います。

また、”ウォーターレジスタント”処方で、汗水に強く、これから汗ばむ季節に使用しても安心! 何よりありがたいのは、スティックタイプで収納にも持ち運びにも便利なこと。スティックを取り出して、ササッと目元にのせて指でなじませれば、簡単に魅惑の目元の完成です!

 

(2)プロ ロングウェア アイ ポット / M・A・C

【プロがオススメ】ロースキンの立役者! 一手間で簡単プロ仕様のツヤめく目元を演出する秀逸クリームアイシャドウ3選

プロユースといえば、はずせないのがM・A・C。大胆なカラー展開が定着しているイメージですが『プロ ロングウェア アイ ポット』は、一般の方でも使いやすいカラーを豊富な展開でラインナップ。絶妙な色の違いに、何色も揃えたくなってしまいます!

クリームアイシャドウはパウダーアイシャドウに比べ、油分が入っているためヨレやすいのが弱点でもありましたが、このクリームアイシャドウ、ヨレにくいのが特徴的。パウダーアイシャドウの発色を強めるために“ベース”として使うも良し、クリームアイシャドウ単品使いも良しの優秀アイシャドウです。

 

(3)RMK インジーニアス クリーム & パウダー アイズ / RMK

【プロがオススメ】ロースキンの立役者! 一手間で簡単プロ仕様のツヤめく目元を演出する秀逸クリームアイシャドウ3選

RMKといえば、“日本人に合うメイク”が考え尽くされた、日本の代表的メイクアップブランドですね。優秀なのは、ベースメイク類にとどまりません。RMKのクリームアイシャドウは、パウダーとセットになっているのが魅力的!

アイホールにクリームアイシャドウをのせたあとに、セットになっている同系色のパウダーで引き締めるだけでナチュラルな陰影がつくり出せてしまうという珠玉の逸品。その魅惑の陰影は、パーティーシーンにも大活躍です。

 

「どうしてもヨレが心配……」という人は、クリームアイシャドウをのせた上から軽くフェイスパウダーをのせておくと、より崩れにくくなりますよ! また、パウダーアイシャドウのベースとして使用すると、より深みのあるカラーに仕上がります。トレンドの”ロースキン”を、より上質なものに仕上げるために、クリームアイシャドウに挑戦してみませんか?

(メイクアップアーティスト:黒木絵里)

【参考アイテム】

※ ロングウェア クリーム シャドウ スティック – BOBBI BROWN

※ プロ ロングウェア アイ ポット レッツスケート – M・A・C

※ RMK インジーニアス クリーム & パウダー アイズ 05番 – RMK

 

【関連記事】

※ メイクアップアーティストの「ポーチに必ず入っている」7つの神器

※ 【プロも惚れた】「使ったほうが素肌っぽい」秀逸コンシーラー3選

※ その太眉古いかも!? トレンド太眉に仕上げる「◯◯カラー」の鉄則って?

※ 【プロが実践してみました!】話題の「オロナインパック」、結果は如何に!?

※ 【プロ秘伝】塗り過ぎ卒業!チークを鮮やかな「見たまま発色」させる裏ワザ

 

【著者略歴】

※ 黒木絵里・・・東京モード学園メイクヘア学科卒業後、外資系化粧品メーカーBOBBI BROWN、smashbox cosmeticsの2社を経験。専門学校在学中に取得した専修学校准教員認定資格を活かし、現在は「Eri Kuroki Make-up solution」の代表として、一般の方向けのメイクレッスンや、美容師のメイクスキル向上のための人材育成を行っている。また、シナプスオンラインサロンにおいて、メイクのオンラインサロン「メイクのいろは」を開設。会員特典であるオンラインでの、プロが直接答える美容に関する質問し放題プランや、オフラインでは、年2回行われるトレンドメイクセミナーやメンバー同士のオフ会などが注目されている。

黒木絵里
メイクアップアーティスト/美容家
外資系化粧品メーカー2社を経て独立。現在「Eri Kuroki Make-up solution」代表として人材育成やメイクセミナー、コスメ・メイク監修などの美容コンサルティング業務をおこなっている。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる