WWO-Woman Welleness Online-

5,000件のカップルを見た結論!「パートナーを出世させる」究極の一言とは

付き合っている彼がいたり、結婚している方はパートナーには「できれば、仕事で成果をあげてもらった方がいい」と考えると思います。

生活を共にする場合もしない場合も、お金はないよりあった方がいいと思うのは当たり前のことです。

今回は、5,000件の恋愛・結婚生活の相談を行ってきた橘つぐみが、“パートナーが今より出世できる方法”をお伝えしたいと思います。

 

「できる!」と繰り返し言ってあげることに尽きる

方法は、実はいたってシンプル、かつ簡単。

「できる!」と繰り返し言ってあげることです。

「あなたの実力はこんなものではない。あなたの○○はとてもいいと思うし、眠っている力を引き出せば業績なんてよくなるよ」

「あなたは、○○に向いているから大丈夫だと思うよ?」

根拠がなくても構いません。なるべく自信満々に言ってあげることがポイントです。

不思議なもので、根拠がなくても自信満々に言ってしまうと人は「何となくそうなのかな」という気持ちになってしまうものなのです。

そして、トラブルが起こっても「きっとできるだろう」と思って、途中で辞めないようになります。そして、何かの拍子にうまくいくと「彼女が言う通り、自分には実力があるんだろうか?」と思うようになり、だんだん自信がついていくのも男性にみられる特徴と言えるかもしれません。

「こんな夢みたいなことを言ってないで、彼のダメなところを指摘してあげた方が、相手のためじゃないですか?」

と思う方もいるでしょう。確かに、日々の生活にも困るようならそうすることも必要かと思いますが、そこまででないなら、彼のダメ出しは会社や世間がやってくれますから、あなたまでやる必要ないと筆者は考えます。

 

出世に限らず「相手に何かをやってもらう」術として応用可能

この方法が使えるのは、出世に限ったことではありません。家事を手伝ってほしいとか、もっとファッションセンスを磨いてほしい時にも使えます。

お子さんがいらっしゃる方は、お子さんに使ってみるのもオススメです。

「あなたは、本当は料理のセンスがある。今までは一人暮らしで、それを発揮できなかっただけよ」

→つまり、これからはやってくれということを相手が不快に思うことなく伝えられます。

「あなたは服のセンスがある。この服を着た方が、もっとそのセンスが光ると思うよ」

→相手が気付かなくても、だんだんあなた好みの格好にさせることができます。

「あなたは、もとがカッコイイ。だからこの美容室に行った方がもっとカッコよくなると思うんだけど…」

→と、あなたオススメの美容室に行かせることも可能になります。

子供にも「お前の実力はこんなものではない。眠っている力を引き出せば、成績なんてすぐに上がるよ」と言ってあげることでみるみるやる気を出し、成績もぐんぐん上がっていくことでしょう。

 

1回だけでは、なかなかうまくいかないと思います。相手が心の底からやる気になるまでは、あなたが思うより時間がかかるからです。

子供や犬のしつけと同じで、繰り返しが必要ではありますが、何度もやってみてくださいね!

【著者略歴】

※ 橘つぐみ・・・恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!』(講談社)『最終彼氏の見つけ方』(大和出版)他。2児の母。

 

【関連記事】

※ 1つでもやってたら残念!夫を出世させる妻は「していない」3つのコト

※ 賢い妻は使ってる!夫に「家事を思い通りにやってもらう」2つの説得術

※ 外見じゃなかった!男が「ずっと一緒にいたくなる」女の特徴2つ

※ 本当に待ってるだけでイイの?なかなか「結婚しようと言わない彼」に決意させる2つの作戦

※ 下半身ラインが別人並みに細くなる!「究極の歩き方」Aウォーキングとは