WWO-Woman Welleness Online-

もう後悔しない!美容師に聞いた「ヘアサロンでオーダー上手になる」4つのポイント

キレイになろうと思ってヘアサロンに行ったのに「こんなはずじゃなかった……!」という事態に陥ってしまった経験は多くの方がしているのではないのでしょうか?

実際、著者の美容室の新規のお客様でとても多いのが、「うまく伝わらなくて」「結局よくわからないからお任せしたらイメージと違った」などの声をよく耳にします。

女性にとって髪は命! せっかくならステキな髪型になって美容室を楽しみたいですよね! そこで、オーダー上手になる4つのポイントについてお伝えしたいと思います。

 

■Point1:雰囲気をチェックしてから予約

m010404

美容室でも、得意なスタイルや特色がありますので、望む雰囲気に合っているかHPやブログで下調べしてから予約を入れましょう。担当者の指名なども「悪いなあ」’と思うかもしれませんが、美容師側は感じませんのでどんどん指名してみましょう!

また、大勢に囲まれワイワイ過ごしたい方は大型サロン、ゆっくりと過ごしたい方は小規模なサロンでゆったりとなど、過ごし方ベースでも希望に合っているかチェックをお忘れなく。

 

■Point2:切り抜きを持っていく

「○○さんのようにしてください」と“切り抜きを持っていく’’のは恥ずかしいと感じる方もいるかもしれませんが、美容師側はとても助かります。

なりたい髪型のイメージが具体的に伝わるのでイメージの共有がしやすくなるからです。また、「この髪型の“ココ”がいい!」などと伝えていただけるとより参考になります。

「1つに決められない!」という方は何枚か持っていって美容師と相談するのも手です。一緒に相談しながら素敵な髪型を考えてくれるはずですよ。

 

■Point3:1cmカットなどの‘‘○cmカット’’はやめましょう

よくある「○cmカットしてください」は、実はタブー。というのも、“あなたの1cm”と“美容師の1cm”は違っている場合が多いのです。「1cmって言ったのに切られ過ぎちゃった」ということがないように、少し面倒かもしれませんが美容師としっかり相談しながら髪型を決めてくださいね。

 

■Point4:普段の服装で行く

美容師はお客様のライフスタイル・雰囲気などにあったヘアスタイルを提案させて頂いているものです。その際、服装は重要ポイントになりますので、いつも通りの服装でいらしてください。

また、抵抗があるかもしれませんが普段の‘‘生活習慣’’などを伝えていただくとよりイメージが近くなります。例えば、「普段パソコンを使う仕事で下を向く機会が多いので縛りたい」「遊びの時は下ろしておきたい」「スーツを着る機会が多いので大人っぽく」など。

この情報を使って毎日の生活習慣や先々の予定などを考えて、ヘアスタイルを提案していくことが出来るのです。

 

■point5:不安だなと感じるときはためらわない!

DI_IMG_5697

自分の気になっているところ、不安に思っているところを美容師に素直に話しましょう。まずは気になっているところを解消してから始めると失敗は少なくなります。

また、切りすぎると元には戻らないので、少しづつイメージに合わせながらカットしてもらいましょう。髪の毛は1ヶ月に1cmしか伸びません。たった1cmでもあなたの1ヶ月が台無しになってしまうかもしれません。

 

いかがでしたか? 最初からうまく伝えられないのは当たり前です。本来なら美容師がお客様の思いを感じ取って形にすべきですが、なかなかそうなってないのも現実かと思います。

美容師と一緒にステキな髪型をつくるつもりで、オーダーのご協力をお願いします!

 

【著者略歴】

※ 小泉順一朗・・・美容師。都内美容室勤務を経験後、22歳で40年の歴史を持つ美容室を引き継ぎ『Total beauty kawada 川田美容室』を設立。数々のコンテストで県優勝、全日本選手権では入賞経験をもち、現在も全国を飛び回り日々レベルアップに務めている。お 客様が美容室・ヘアスタイルが楽しくなるサロン作りをコンセプトとしており、ブログ・LINEなどでも日々のケアなどを発信、アフターフォーローにも務め ている。

【関連記事】

美容師は絶対しない!「洗い流さないトリートメント」のNG使い方

メイクアップアーティストの「ポーチに必ず入っている」7つの神器

二の腕ヤバい…1日たった2回で驚くほどスッキリ腕を作る「ネジネジ体操」とは

下半身ラインが別人並みに細くなる!「究極の歩き方」Aウォーキングとは

うねり、ハネも解決!「不器用さんでも簡単」イマドキ大人のヘアアレンジ術