WWO-Woman Welleness Online-

あの都市伝説を美容師に聞いた!白髪を「絶対に抜いてはいけない」恐怖の理由3つ

ふと鏡を見た時に、髪の毛の中に細く白く光。

「ガーン!ついに白髪発見……1本くらいなら抜いちゃえ!」こんな風に、白髪ってついつい抜きたくなりますよね。でも、その白髪は絶対に抜いてはいけないんです!

白髪は1本抜くごとに、1つ老化が進むと言っても過言ではないからです。

今回は現役美容師の筆者が、白髪にまつわる都市伝説を取り上げながら、見つけた白髪は抜きたくなるけど‘‘絶対に抜いてはいけないワケ”をお伝えします。

 

■白髪を抜くと「増える」は都市伝説です!

「白髪を抜くと増える」ってよくウワサで聞きますよね。実はこれ、科学的に全く根拠のない迷信の“都市伝説”なんです。

白髪は、髪の根元でメラニン色素をつくる『メラノサイト』の機能が低下して、黒色の素となるメラニン色素が減少・消失することが原因なので、白髪を抜いても増えることはありません。

だったら抜いてもいいのでは?と思うかもしれませんが、抜いてはいけない理由が他にあるんです!

 

白髪をぬくと老化が進む!絶対に抜いてはいけない理由

 

■白髪を絶対に「抜いてはいけない」3つの理由

(1)薄毛の原因に

髪を抜くと毛根の部分に白い塊がついてくることがありますよね。これは“未角化の毛”といいます。生まれたての毛でいわば“赤ちゃん髪の毛”です。

これを何度も抜いてしまうとその奥にある髪の毛の製造工場である“毛母細胞”がダメージを受けます。

髪の毛は1つの毛穴から2~3本生えているので、1本を抜くことにより同じ毛穴の他の髪を痛めることに繋がります。つまり、たった1本であっても、影響は他にも確実に及ぶのです。

そして、髪を無理に抜くことは他の毛穴にも重大なダメージを与えることは否定できなく、周辺の髪の毛が抜けやすくなってしまうことも。

 

(2)顔の皮膚がたるむ

白髪を抜くことにより、なんと顔の肌にも影響が出てきます。

頭と顔の皮膚は一枚でつながっていますので、頭皮がたるむと、顔の皮膚もたるんでしまうのです。

つまり、無理に髪の毛をぬいたりして頭皮にダメージを与えてしまうと、そのダメージが顔に及んでしまう恐れさえあるのです。

 

(3)皮膚の病気にかかる

薄毛、たるみの他に、皮膚トラブルに繋がる場合もあります。

白髪を抜くと頭皮や毛細血管を傷つけてしまうので、頭皮が炎症をおこしたり、ぽっかり空いた毛穴に雑菌が入って感染系のトラブルにつながることも。頭皮で感染してしまうとその影響が顔に及ぶことも稀ではありません。

 

このように“1本くらいなら抜いても平気”と思っていると重大なトラブルを引き起こす原因となることもあるんです。白髪は見つけたら抜かずに、“切る”か、“染める”かの方法で目立たせなくしましょう。

最近では、マスカラタイプの白髪隠しがあるのでうまく活用してみてはいかがでしょうか。

【著者略歴】

※ 小泉順一朗・・・美容師。都内美容室勤務を経験後、22歳で40年の歴史を持つ美容室を引き継ぎ『Total beauty kawada 川田美容室』を設立。数々のコンテストで県優勝、全日本選手権では入賞経験をもち、現在も全国を飛び回り日々レベルアップに務めている。お 客様が美容室・ヘアスタイルが楽しくなるサロン作りをコンセプトとしており、ブログ・LINEなどでも日々のケアなどを発信、アフターフォーローにも務め ている。

【関連記事】

湿気で広がっちゃうなら可愛く結んじゃえ!オトナ女子のための「くるりんぱ」基本のき

うねり、ハネも解決!「不器用さんでも簡単」イマドキ大人のヘアアレンジ術

美容師は絶対しない!「洗い流さないトリートメント」のNG使い方

二の腕ヤバい…1日たった2回で驚くほどスッキリ腕を作る「ネジネジ体操」とは

※ 白髪、ボリューム不足は老けてみられる!上品な「若返る美髪」方法って?[PR]