WWO-Woman Welleness Online-

髪はオンナの命!美容師に聞いた「ドライヤーで」さらツヤ美髪を手に入れる3つのコツ

“髪はオンナの命”と言うように、髪って人に与える印象が大きいですよね。大人女子なら、サラサラでツヤのある髪が永遠の憧れでは?

しかし、毎日使っている“ドライヤーの使い方”でサラツヤ髪を遠ざけてしまっている恐れが。美容師の筆者はお客様によく相談されるのですが、ドライヤーの正しい使い方をしている方は少なく間違った使い方をしている方が多い印象を受けます。

間違った使い方は髪がパサパサになりサラツヤ髪を遠ざけるだけでなく、なんと“抜け毛の原因”にも繋がります。

今回は、髪を知り尽くしている筆者が誰でもできる美髪に近づく方法お伝えします。

 

■コレをやってたらOUT!? NGドライヤー使用法3つ

(1)ドライヤーをかける時ってどこからかけている? 

絶対やっていけないのは“毛先”から乾かすことなんです。髪のキューティクルは表面上がうろこのようになっていて上から下へ向かってついているため、下から上に向かって乾かすとキューティクルが損傷しやすくなってしまします。

損傷したキューティクルは髪の内部成分が出やすくなるため、髪が乾いた後も水分がでていき、パサつき原因に繋がります。

また、毛先から乾かすことにより根元が十分に乾ききらず半乾き状態になると、頭皮に細菌が発生しやすくなり頭皮のニオイや他トラブルの原因にも繋がってしまうのです。

(2)クシ、使っている?

髪の毛は濡れた状態だとキューティクルが柔らかくなっていて外からのダメージに非常に弱くなっています。その弱まった状態でクシで梳かしながらドライヤーの熱を加えると、クシの接触刺激と熱による刺激で髪の毛に大きなダメージを与えることになります。

濡れている髪の毛はクシではなく手グシで乾かしてあげましょう。

(3)髪の毛っていつ乾かしている?

お風呂に入ったあとはカラダが熱を持っていて熱くてドライヤーをかけたくないですよね。でも、そのまま放置してすぐに乾かさないとボサボサ頭になったり、前髪がパックリ割れてしまうなどの経験をしたコトがある大人女子は多いのではないですか?

肌や髪の毛の水分はすぐに蒸発するので、濡れたままの状態が続くと空気にあたっている表面から水分が失われていきます。

髪の内側が濡れていて表面が乾いた状態が続くと、その人本来のクセが出てきて、その状態のまま乾かすと前髪が割れやすくなったり髪が収まりづらくボサボサ頭になっていたのです。

 

■これだけは守って!誰でもできるドライヤーの正しい使い方

(1)念入りなタオルドライ!

・・・髪を拭くのではなく、頭皮の水分をとるようにタオルドライをし、毛先はゴシゴシ拭くのではなく優しく揉みこみこむ。

(2)髪から10センチ以上離す!

・・・10センチ以上離したら温風を一部にあてるのではなく、広範囲に温風を振り当てる。また、ドライヤーを持っていない手は髪の根元を優しくジグザグに動かして乾かすと早く乾く。

(3)10分以上の乾かし過ぎはNG!

・・・髪の長さは人それぞれ。8割乾いたら温風をやめて、冷風で乾かして仕上げ。熱を加えすぎてもキューティクルは開いてしまいます。

 

「えっ、これだけ?」そうなんです。たったこれだけ気をつけるだけでいいんです! 毎日のケアにほんの少し気をつけるだけで美髪になってくれます。正しいドライヤーの使い方をマスターしてサラツヤの髪を手に入れましょう!

【著者略歴】

※ 小泉順一朗・・・美容師。都内美容室勤務を経験後、22歳で40年の歴史を持つ美容室を引き継ぎ『Total beauty kawada 川田美容室』を設立。数々のコンテストで県優勝、全日本選手権では入賞経験をもち、現在も全国を飛び回り日々レベルアップに務めている。お 客様が美容室・ヘアスタイルが楽しくなるサロン作りをコンセプトとしており、ブログ・LINEなどでも日々のケアなどを発信、アフターフォーローにも務め ている。

【関連記事】

美容師は絶対しない!「洗い流さないトリートメント」のNG使い方

石原さとみ、こじはるもチェンジ済み!究極のモテ前髪「シースルーバング」大人女子の取り入れ方

湿気で広がっちゃうなら可愛く結んじゃえ!オトナ女子のための「くるりんぱ」基本のき

事前に仕込んで!美容師が教える「海、プールに行った後ゴワゴワ髪」にならない簡単ケア4つ

※ ヨガに、英会話に、ヘアメイク…おうちで自分磨きレッスンを受ける方法って?[PR]