WWO-Woman Welleness Online-

えッそこなの!? 「夏のドロドロメイク崩れ」を防ぐためにプロが実践する防止策3つ

朝にバッチリメイクをしても会社に着く前にもろくも崩れ、ドロドロ顔に……。

暑~い夏を目前に、汗や皮脂が増えテカテカ、ヨレヨレ、ギトギトの3拍子に気になっていませんか? 崩れないメイクをバッチリしているはずなのに毎日崩れてしまうのはナゼ?と途方に暮れている大人女子も少なくないのではないでしょうか。

そんなお悩みは、実は意外なところに答えがあるかも!

そこで今回は、メイクアップアーティストである筆者が実践している“崩れないメイク対策”3つをご紹介します。

 

■1:入念なスキンケアで重要なのは「化粧水」!

朝のお出かけ前のメイクって、忙しいからとスキンケアがおざなりになっていませんか? でも、その日のメイク持ちは朝のスキンケアで8割が決まるといっても過言ではありません!

そのため、メイクをキレイに長時間保たせるためには、“保湿”が勝負の要なんです。

ところが、夏は肌がベタつきやすいからといって保湿ステップを怠りがち。そうすると、肌内部の乾燥が進行してしまって本当は乾燥しているのに肌表面がテカってしまう“インナードライ”状態に陥ります。

朝の洗顔後は化粧水でしっかりと保湿を行って、乳液もしくはクリームでフタをします。どうしても、ベタつきが気になる人は乳液やクリームの量を調整しましょう。

 

■2:ベースメイクは「ムラなく・薄く」しないと崩れやすい!

ベースメイクは、”ムラなく・薄く”が基本です。メイク下地やファンデーションはいかに肌に密着させるかでその日のメイク持ちが決まります。

厚ぼったいベースメイクは肌に密着している部分が少ないことから、皮脂や汗で落ちやすくなってしまうのです。

ファンデーションを全体的にムラなく薄く塗ったあと、気になる箇所には少しずつファンデーションを重ねてカバーリングするのがオススメ。特にリキッドファンデーションを薄く塗ったあとはスポンジで肌に叩き込むことで密着度がアップします!

 

■3:流行りのロースキンメイクは「パウダー」が必須!

肌本来のハリと艶っぽさを活かす“ロースキン”メイク。今もなお流行中ですよね。

ほとんどベースメイクをしていないように見えるため「ロースキンメイクにパウダーは要らない」というプロの意見もありますが、メイク崩れを防ぐためにパウダーはマストアイテム。

ロースキンを損なわないパウダー選びのポイントは、透明感ある仕上がりになる“シアータイプ”を選ぶこと。崩れやすいTゾーンや目元など、気になる部分に要点を絞ってパウダーをのせるのがコツです!

 

ひと手間加えるだけですが、メイク崩れがグッと抑えられるはず。メイク崩れが気にならなくなれば、楽しい夏を全力で楽しめますね!

(メイクアップアーティスト:黒木絵里)

【関連記事】

※ 【プロも絶賛!】全部1,500円以下で「トレンドメイクが楽しめる」優秀コスメ3選

※ プロは絶対やってます!「どんよりくすみ肌」がパーッと晴れるスキンケア法とは

※ 一瞬でプロ仕様!テクなしでも「濡れたようなツヤ感」演出できる秀逸アイシャドウ3選

※ うる肌美人はこうしてた!意外と知られていない「美容オイル」裏ワザ4つ

※ ヨガに、英会話に、ヘアメイク…おうちで自分磨きレッスンを受ける方法って?[PR]

【著者略歴】

※ 黒木絵里・・・東京モード学園メイクヘア学科卒業後、外資系化粧品メーカーBOBBI BROWN、smashbox cosmeticsの2社を経験。専門学校在学中に取得した専修学校准教員認定資格を活かし、現在は「Eri Kuroki Make-up solution」の代表として、一般の方向けのメイクレッスンや、美容師のメイクスキル向上のための人材育成を行っている。また、シナプスオンラインサロンにおいて、メイクのオンラインサロン「メイクのいろは」を開設。会員特典であるオンラインでの、プロが直接答える美容に関する質問し放題プランや、オフラインでは、年2回行われるトレンドメイクセミナーやメンバー同士のオフ会などが注目されている。