WWO-Woman Welleness Online-

出会いの段階ではイマイチ…でもいいカレ、いい夫になる「隠れ誠実メンズ」4つの見分け方

「浮気をしない男性っているんですか?」と聞かれると「いますよ」と筆者は即答します。コンサルやセミナーの時によく聞かれる質問です。

ただし浮気もしなくて、女性から見てイケてるところばかり、と双方を両立している方はなかなかいない気もしています。

そこで、現実的にはちょっとした難アリ物件であっても「アナタの育て方次第では誠実メンズとして将来のパートナーにピッタリなのでは?」なんてアドバイスすることも多いんです。

今回は5,000件超の恋愛・結婚相談を行ってきた筆者が、その事例から浮気傾向の高い男性の特徴と、出会いの段階でイマイチ物件でも“隠れ優良物件”である男性の特徴をお伝えします。

 

■出逢ったら要注意!? こんなオトコは浮気する疑いアリ…

(1)カラダの関係をスポーツと捉えている

当然といえば当然ですが、このように捉えている以上、カラダの関係を持ったからとは言え気持ちまで入ることは少なく、浮気をしやすい傾向アリです。

彼らの問題点は、チャンスが多いということですね。

(2)楽しいことが大好き

浮気というのは真剣な交際と違って「まぁ、とりあえず楽しいから一緒にいよう」という“ノリ”を何よりも重視する傾向があります。あまり深く考えないタイプとも言えるかもしれないですね。

(3)周囲の友達で浮気をしている人が多い

周囲の友達で浮気をしている人が多いと「まぁ、それくらい普通なのかな?」と無意識のうちに思い、自分自身も浮気をしやすくなります。

(4)おしゃべり好きで口がうまい

浮気は相手の女性を楽しい気分にさせてナンボなため、言葉で相手を良い気分にさせるのが上手な人の方がチャンスが多いことがあります。しかし、このタイプの男性の特徴は“口ではいいことを言うものの、実行するのはその半分くらい”という特徴があります。

 

■パッとしないけど…将来有望!? 「浮気をしない」オトコの特徴4

浮気をしやすい男性がいる一方で、浮気欲の低い男性ももちろんいます。ただし、彼らは生粋の“誠実メンズ”というよりは浮気をしないという面では良いものの、出会いの段階では、ちょっと“インパクトに欠ける”物件とも言えるかもしれません。
実際“パッとしない”という理由で、女性に振られたことがあるのも彼らの特徴。

しかし、女性にとって自分好みにカスタマイズしやすいので、長く付き合えば“いい彼、いい夫”になる可能性大です。

今回は4つのタイプをピックアップしました。

(1)自分に自信がないけど…

自分に自信がない男性は、プライドを傷つけられるコトを極端に恐れています。カラダの関係を持つことは相手との距離が近づく反面、心に傷を負うこともありますので「自分が傷つくなら浮気をしない方がいい」という考えになるのです。
このタイプの男性には“彼女といると自信がわいてくる”と思ってもらえれば、アナタがオンリーワンになれるのです。

(2)お金だけが大切じゃないけど…

投資をしている男性はお金でお金を増やす知識があります。お金を持っている男性ほどビジネス感覚に優れており、その場のモノゴトを“メリットがあるかどうか”と判断することがあります。

こんな思考を持つ男性たちは、浮気云々にかかわらず女性に多額のお金をかけることそのものを「もったいない」と感じてしまうことがあるようです。

このタイプの男性は、カレの投資にかけるお金や気持ちを大切にする姿勢を見せればOKといえます。アナタに金銭的余裕があるなら、カレに教えてもらって一緒に投資を楽しむのもいいでしょう。

(3)女性との時間<趣味の時間が大切…

趣味があることはいいことです。浮気をする以上に楽しい時間を過ごしているため“浮気する時間”を惜しく感じている人たちです。

彼らは“女性との時間<趣味の時間”の感覚があるため、オンナ心の理解がちょっとイマイチな面があります。そのため、浮気心を起こしても、関係を継続させるのが難しいタイプといえるでしょう。恋愛は、時間がかかるものですからね。

“趣味が命”の男性に対しては“彼の趣味を邪魔しない”“可能であれば手伝う”姿勢を見せるといいでしょう。アナタも同じ趣味を分かち合えればベストカップルになるでしょうね。

(4)ウソがつけない、得意じゃない…

浮気をするのに最も頭を使うことは“時間管理”と“言い訳”です。ウソが苦手な男性は優先順位付けを間違えることが多くなります。浮気相手に時間を割きすぎたりして本命パートナーに「いつもとは違う行動をしている……!?」と察知され、すぐにバレてしまうのです。

浮気相手にハマる前に会う回数をセーブするとか、そういう器用なことができないんですよね。また、会話の話題がごちゃ混ぜになったり、都合のいい発言が墓穴を掘る時もあります。

彼らは、一度に複数のことをこなせないので、そもそも複数の人と付き合うのに向いていないのです。そういう不器用さを「カワイイからいいか」と思えればこのタイプとうまくいくと思います。

 

浮気をするかしないかとの違いは本命とうまくいっている、いないではなく浮気する側のマインドの問題が大きいと考えています。

ちなみに、この内容は“男女を逆”にしてもいえること。浮気をするかしないかというのは、男女で違うというよりはむしろ個人差は大きいのです。浮気の可能性が低い男性は、出会いの段階ではいい印象を持てないかもしれません。

燃え上がるような気持ちがもてなくても、じんわりと温かい関係を築ける相手ですので生理的にOKであれば何度かデートしてみてくださいね!

【著者略歴】

橘つぐみ・・・恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!』(講談社)『最終彼氏の見つけ方』(大和出版)他。2児の母。

【関連記事】

※ プロもリピ買い!「極上すっぴん美肌」を叶える潤いコスメとは[PR]

※ アナタのお相手はどう?「将来性のある男」を見分ける3つのポイント

※ アナタも実は危険かも!「仲がイイのに浮気する」カレ、夫の本音とは

※ 愛より、金より、アレ!結婚相手として「1番に見るべき」ポイント

※ どんなに喧嘩でムカついても「男に言ってはいけない」3つのNGワードとは?