WWO-Woman Welleness Online-

おフェロ顔はもう卒業!「大人ビューティ顔」に仕上がるチーク術3つ

“おフェロ顔”トレンドの中、根強い人気の“チーク盛りメイク”。可愛らしく仕上がるので大人気のメイクですが、メイクは常にアップデートが必要。

次のトレンドを先取りして“大人ビューティー顔”を目指していきませんか? そのためにはチーク盛りメイクは、もう卒業!

今回はメイクアップアーティストである筆者が、“大人ビューティーメイク”で押さえるべき重要ポイント3つをご紹介します。

 

■1:これは基本!「顔型をに合った位置」にチークをいれる

チーク盛りメイクの特徴は、それぞれの“顔型の骨格を無視”した頬の高い位置や目の下に真横気味にチークを入れます。

カワイイものの、顔全体で見るとバランスをとるのが難しいメイク法で、プロの間ではモデルさんたちにチーク盛りメイクをしたとしても自分自身にすることはまずないでしょう。

なぜなら、チークは顔型に合わせた入れ方が1番美しく見えるから。大人女子ならば自分の顔型を理解した正しい位置にチークを入れることがマストです。

顔型は大まか分けると“丸型・卵型・面長型・ベース型・逆三角形型”の5つ。

例えば、面長型の人が頬骨に沿ってそのままチークを入れると、顔の縦の比率を強調し、さらに顔が長い感じに仕上がりになることもあります。

面長型の場合は、頬骨に沿う斜めではなく少し“横め”を意識して耳方向に向かって入れるのがポイントです。そうすることで、縦方向に流れる目線が横方向に流れて、縦長の顔をカムフラージュすることができます。

要するに、顔型に似合わないチークの入れ方は“コンプレックスを強調”してしまうので要注意です!

 

■2:パーソナルカラーにあった「チーク色」選び

たとえチークの位置が合っていても、似合う色と似合わない色が存在します。

それは、人それぞれの“ベースカラー”によって異なるので見極めがとっても重要。肌色には“ブルーベース”と“イエローベース”の2タイプがあり、自分の肌に合った色を選べば顔全体をより美しく魅力的に見せることができます。

一方で、間違った選び方をすると肌がくすんで見えたり、血色悪く見えてしまったり……顔全体に違和感が生まれるのです。ピンク一つとっても黄味の強いもの、青味の強いものとさまざま。まずは、自分のベースカラーを知ってからチーク選びを始めましょう。

 

■3:イメージがガラリと変わる!「質感別チーク」選び

位置、色の次は“質感”も大事。チークには形状の違う種類があり、仕上がりや質感でイメージも変わってきます。自分が求める仕上がりのチークを見つけていきましょう。

●パウダータイプ・・・粉状のチーク。ふんわりとした軽い仕上がりに。

●クリームタイプ・・・クリーム状のチーク。艶感・うるおい感がある仕上がりに。

●リキッドタイプ・・・液体状のチーク。透明感のある仕上がりに。パウダーチークの下地に使用し、立体感を出す使い方もオススメ!

●ムースタイプ・・・練り状のチーク。ふんわり軽く、ほんのり色づき優しい仕上がりに。

 

大人ビューティー顔になるためには雑誌をみて真似ばかりしていてはダメ! トレンドを賢く押さえつつ自分の顔を理解して一番似合うチークの入れ方を知ってくださいね。

(メイクアップアーティスト:黒木絵里)

【関連記事】

※ 【プロも絶賛!】全部1,500円以下で「トレンドメイクが楽しめる」優秀コスメ3選

※ プロは絶対やってます!「どんよりくすみ肌」がパーッと晴れるスキンケア法とは

※ えッそこなの!? 「夏のドロドロメイク崩れ」を防ぐためにプロが実践する防止策3つ

※ なんと96%が実感!? ダイエッター女子に大人気の●●ダイエットとは?[PR]

※ 何それ…怖すぎる!浴びると毛穴面積が2倍になる「風」が存在すると判明

【著者略歴】

黒木絵里・・・東京モード学園メイクヘア学科卒業後、外資系化粧品メーカーBOBBI BROWN、smashbox cosmeticsの2社を経験。専門学校在学中に取得した専修学校准教員認定資格を活かし、現在は「Eri Kuroki Make-up solution」の代表として、一般の方向けのメイクレッスンや、美容師のメイクスキル向上のための人材育成を行っている。また、シナプスオンラインサロンにおいて、メイクのオンラインサロン「メイクのいろは」を開設。会員特典であるオンラインでの、プロが直接答える美容に関する質問し放題プランや、オフラインでは、年2回行われるトレンドメイクセミナーやメンバー同士のオフ会などが注目されている。