WWO-Woman Welleness Online-

続けるとボロボロ肌に!プロは絶対にしない「夏のうっかり勘違いスキンケア」3つ

肌トラブルの原因で常に上位にランクインする“肌の乾燥”。夏は汗をかいてベタつくから“乾燥とは無縁”と油断してはいませんか?

夏は紫外線や冷房による“見えない乾燥”が進行しがちなうえ、汗をかき皮脂分泌が過剰になることから、実は肌にとってとても過酷な季節なのです。そんな夏に勘違いスキンケアを気づかずに続けていると肌はボロボロに……。

今回はメイクアップアーティストである筆者が、プロは絶対にしない夏にやりがちなNGスキンケア法3つをご紹介します。

 

■1:日焼け止めをマイルドクレンジング

紫外線を浴びないためにも夏にマストアイテムの日焼け止め。顔から足先まで全身にしっかりと丁寧に塗っているという方も多いでしょう。しかし、日焼け止めはしっかりと塗っても“落とす”ことを忘れていませんか?

日焼け止めには“紫外線吸収剤”と“紫外線散乱剤”という成分の粉が含まれています。この紫外線散乱剤はSPF値が高いと粉の量が多く、その粉が皮脂を吸着するため肌が乾燥しやすくなります。

そのため、きちんと日焼け止めを落とさないと肌の乾燥に繋がるのです。特に水や汗に強いウォータープルーフの日焼け止めを落とすには専用クレンジングが必要! 注意書きに“専用クレンジングを使用”と記載されている場合は注意してくださいね。専用クレンジング不要と記載があっても一度では落ちない場合があります。だからといって、肌はデリケートなためゴシゴシこするような洗い方はNGです!

 

■2:1日3回以上の洗顔

湿気が多く、ベタつきが気になる季節。だからといって洗顔を頻繁に行ってしまうと、本来肌に必要な分の皮脂も洗い流してしまい肌の乾燥へと繋がります。

乾燥はあらゆる肌トラブルを引き起こす原因になるため、洗顔は多くても“1日に2回まで”にとどめましょう。

筆者のオススメ洗顔法は洗顔フォームを使わない“ぬるま湯洗顔”。特に、朝一の洗顔は洗顔フォームを使わずぬるま湯洗顔にすることで肌の乾燥を緩和することができます。

お湯は熱すぎても冷たすぎてもダメ。36度前後の体温に近い温度がベストです。1~2回の行水程度ではなく、ぬるま湯でしっかり洗うことである程度の汚れは落ち、必要な皮脂は残すことができます。

 

■3:乳液を省略

洗顔をしてもまたすぐにベタつくから保湿ケアをしないでそのまま過ごしていませんか? これは“インナードライ肌”を招く原因となりがちです。

インナードライ肌とは”乾燥しているのにテカる”という矛盾を感じる肌状態のこと。理由は、肌は乾燥状態になると潤いを補おうと自ら皮脂を分泌させます。そのため、内側がカラカラに乾いているのにテカってしまうという矛盾に陥ります。

洗顔後は化粧水でしっかりと水分を補い乳液やクリームなどの油分で水分が蒸発しないようにフタをするというケアが必要です。乳液は手のひらで十分にあたためてからつけることで肌への浸透力がアップするのでベタつきを軽減することができますよ。

 

間違いがちですが、このケアを正しく徹底することが美肌への近道となります。今日からあなたも実践してみてください。

(メイクアップアーティスト:黒木絵里)

【関連記事】

※ 何それ…怖すぎる!浴びると毛穴面積が2倍になる「風」が存在すると判明

※ 【プロも絶賛!】全部1,500円以下で「トレンドメイクが楽しめる」優秀コスメ3選

※ えッそこなの!? 「夏のドロドロメイク崩れ」を防ぐためにプロが実践する防止策3つ

※ 湿気でボサボサ!雨の日でも1日中「巻き髪をキープできる」4つの神テク

※ なんと96%が実感!? ダイエッター女子に大人気の●●ダイエットとは?[PR]

【著者略歴】

黒木絵里・・・東京モード学園メイクヘア学科卒業後、外資系化粧品メーカーBOBBI BROWN、smashbox cosmeticsの2社を経験。専門学校在学中に取得した専修学校准教員認定資格を活かし、現在は「Eri Kuroki Make-up solution」の代表として、一般の方向けのメイクレッスンや、美容師のメイクスキル向上のための人材育成を行っている。また、シナプスオンラインサロンにおいて、メイクのオンラインサロン「メイクのいろは」を開設。会員特典であるオンラインでの、プロが直接答える美容に関する質問し放題プランや、オフラインでは、年2回行われるトレンドメイクセミナーやメンバー同士のオフ会などが注目されている。