WWO-Woman Welleness Online-

たった5秒!肩こりケア、シワたるみ予防にもなる「デコルテ美人」体操とは?

首から鎖骨のデコルテラインは女性の美人度アップにつながるパーツ。一方で年齢のサインが出やすいパーツでもあります。シワやたるみがあると一気に見た目年齢が上がってしまうので、ケアには気の抜けない部分です。

今回は姿勢調律師の筆者が、たった5秒でデコルテ美人を叶えると同時に肩こりケア・首筋のシワ予防にもなるエイジングケアをご紹介します。

 

■1:鏡の前に立って鎖骨チェック!

鏡の前に立ったときに鎖骨のバランスをチェックしたことはありますか? 意外と左右差があったり、肩が前にでていたりと気になることが多いはず。

そして、片側の肩が上がり、鎖骨がピンと伸びていないと首筋のがシワがよりやすいのです。左右差がおきているということは、鎖骨がねじれている状態となります。

そのバランスによって首の骨も歪んでしまったりするのです。そうすると首が歪むだけではなく、目の疲れを起こし顎関節症や顔の歪みにまで発展してしまう恐れがあります。

まずは自分の鎖骨のバランスを確かめるセルフチェックからはじめましょう。

 

■2:たったの5秒!デコルテ美人のエイジングケア

まずは両手を肩におきましょう。そして、鼻から息を吸い口から息をゆっくりと吐きながら脇を締めるイメージでしっかりと肘を下げていきます。

5秒数えながら3回行います。徐々に胸の間の“胸膈”という部分が広がりだし、呼吸が深く入っていきます。その際に胸を上に持ち上げるイメージで首筋をスっと伸ばしながら行うと、みるみる“デコルテ美人”へと大変身。

鏡をみながら左右差がないように行うのがポイントです!

姿勢調律協会

 

筆者は毎日鏡の前で行っています。寝起きに行うと、自律神経も整うためお肌の調子も良くなっていく気が。早めのセルフチェックで「やっておけばよかった!」と後悔のないようにしましょう。

(姿勢調律士:野口早苗)

【著者略歴】

野口早苗・・・3歳からのダンス経験を生かし、ニューヨーク、国内にてプロダンサーとして活躍後、ピラティス、オステオパシーを学び、姿勢調律士として活 動を始める。青山sanareサロンの代表を勤め、アーティスト、モデル、スポーツ選手など著名人から一般の方まで幅広く支持を受ける。

正しい姿勢」が自らの身体、メンタルを整える方法として役立つことを痛感し、姿勢の研究を行い、(社)日本姿勢調律協会を立ち上げる。協会では「L で座ってIで立つ•Aウォーキング」をキャッチコピーとして姿勢指導を行う他、「心×技×体」の教えを元に、痛みのケア方法やメンタルコーチングも行う。 講師養成と共に子供の健やかな成長へのサポート、高齢者のケアなど幅広く活動を広げる。

【関連記事】

マキシワンピが超キマる!1日たったの5分で背中美人になれる「元祖ポーズ」とは?

たった3秒で首こり、肩こりさんが劇的スッキリ美女に!「YW体操」って?

※ 二の腕ヤバい…1日たった2回で驚くほどスッキリ腕を作る「ネジネジ体操」とは

※ プロもリピ買い!「極上すっぴん美肌」を叶える潤いコスメとは[PR]

なんと96%が実感!? ダイエッター女子に大人気の●●ダイエットとは?[PR]