WWO-Woman Welleness Online-

ミランダ・カーも愛飲する理由はコレ!「●●入りミネラルウォーター」の美容パワーがスゴい

shutterstock_84466603 (1)

いま、ミランダ・カー、キャメロン・ディアス、ブリトニー・スピアーズ、ヒュー・ジャックマンなどの海外セレブたちもその美容効果の高さに愛飲しているとして、ある成分の入ったミネラルウォーターが大人気となっています。

その秘密は、含有されている“ケイ素”。

ケイ素(シリカ)とは地球上で2番目に多い元素で、自然界では土や岩などに含まれるミネラルの一種です。美肌作用といった美容効果はもちろん、活性酸素の害を除去してくれる働きから健康面でも注目が集まっています。

今回は、そんなキレイ効果でも健康面でも注目度がグングン高まっている“ケイ素”を毎日の生活に取り入れるコツについてご紹介します。

 

美肌や美髪に!知られざる「ケイ素」パワー4つ

(1)美容成分をくっつける「接着剤」

骨や皮膚のコラーゲンの一部であり、美容成分をくっつける ”接着剤” のような役割を持っています。

カルシウムとコラーゲンをつないで骨密度を高め丈夫な骨を作ったり、肌においてはコラーゲンとコラーゲンを接着させ、美肌作用はもちろんシミ・シワ対策にも効果があります。

(2)デトックス効果

ケイ素は食物繊維が主成分なので、腸内細菌を活性化し、腸内環境を整え、かつ腸管免疫力を高めてくれます。美容と健康の鍵は、体内にいかに有害物質を残さないかにかかっています。ケイ素は有害な物質のみを排除してくれる働きがあるためデトックス効果に期待できます。

(3)精神的ストレスの軽減

脳の組織から分泌される「セロトニン」は、気持ちを明るくしたり、やる気を高める、筋肉に働きかけてよい姿勢を維持するなどの作用があります。またセロトニンの原料にもなる、睡眠ホルモン「メラトニン」は睡眠とは切っても切れない大切な物質。睡眠や精神安定にプラスの作用があります。

(4)活性酸素を除去

シミやシワ、たるみなど老化の原因とされている“活性酸素”を取り除く作用があります。

 

あなたも不足しているかも…!「ケイ素」セルフチェック9項目

●肌のハリがなく乾燥しやすい

●シミやシワが増えてきた

●爪が割れやすい

●骨折しやすい

●髪に艶がなく、パサつきがち

●切れ毛、白髪が増えた

●イライラすることが増えた

●関節が痛むことがある

●虫歯になりやすくなった

当てはまる数が多ければ多いほど、ケイ素が不足しているかもしれません……!

ちなみに、世界各国でケイ素の研究が進められ、欧米での注目度は俄然高く、特にドイツでは“マストサプリ”の1つとして売れ売れなんだとか。

 

毎日効率よくケイ素を取り入れる!2つの方法

美容や健康への効果が期待できるケイ素ですが、体内では生成することができません。また、加齢とともに体内のケイ素は減っていってしまうため外部から補給する必要があります。成人の場合、1日約10~40mg消耗されますので、毎日10~20mg程度のケイ素を補う必要があるとされています。

ケイ素は食べ物では玄米などの無精白の穀類、他にも海藻類、野菜類に多く含まれてはいますが、現代の食生活では取り切れないのが現状ですのでケイ素入りウォーターやサプリメントで補うのが理想的です。

(1)ミネラルウォーターの場合

例えば、株式会社インターパイロンで発売している『Fiji Water』では1Lあたり92mgのケイ素が含まれています。500mlでも摂取必要量はカバーできますね。

(2)サプリの場合

例えば、Esthe Pro Labo社が発売している『ケイソグランプロ』と言う、特許技術で体内に吸収されやすい水溶性にしたケイ素の“濃縮液体”では、200mLのコップに10~30滴入れることで約20~60mgのケイ素を摂取することができます。

 

一歩先行く“ケイ素美容”が日本でも話題になるのは時間の問題。毎日美味しく摂って、美しく、健康なカラダを目指してみませんか?

【関連記事】

※ うそッ…あのドリンクのイメージ激変!「美味しい」のにみるみる痩せられる魔法の1杯とは?

※ 二の腕、お腹、たるみ尻…ツラくないのに効果絶大「おうちエクサ」4選

※ プロもリピ買い!「極上すっぴん美肌」を叶える潤いコスメとは[PR]

下半身ラインが別人並みに細くなる!「究極の歩き方」Aウォーキングとは

美容師は絶対しない!「洗い流さないトリートメント」のNG使い方

 

【参考】

※ 美のミネラルシリカの働き – FIJI WATER

※ 美水溶性ケイ素水 – BRTジャパン

※ ケイ素の働き - 日本スーパー電子株式会社

※ Esthe Pro Labo