WWO-Woman Welleness Online-

ココにあり!「夢をどんどん叶えている人」「ツイていない人」、決定的違いは

自分がいい波に乗っている時期、パワーダウンして弱っている時期、頭が冴えて批判ばかり口をついて出る時期……と、人生にはいろんな“波”がありますね。

そんな中、今の自分がどんな波のにいるのか、ということを把握しながら生活している人はどれ位いるでしょうか。

実は、この“波”の変化を把握しているのと、していないのでは夢への近づき方が全然変わってきます。

今回は心理カウンセラーの筆者が、自分を取り巻く“波”を読み取るコツについてご紹介します。

 

■タレントとマネージャー

自分自身を違った角度から見ながら生活をしていますか? 表舞台で活躍する自分がいるとしたら、もう一人仮想の自分を立てて高い位置から表舞台の自分を見てみるのです。

俯瞰(ふかん)といって、この感性を身につけるとその時感じているいっときの感情に溺れたり、チャンスを逃すことが少なくなります。

そうすると今だけでなく、過去を振り返り将来を想像するチカラがついて目の前に展開されている“今の悩み”に冷静に対処できるのです。

波に乗れていない時は何かしらの悩みを抱えているときです。悩みが発生するのは、簡単にいえば“自分の未来への展開が見えない” という不安な心の状態が生まれるから悩みます。

 つまり自分の悩みが発生する一番大きな要因は、 その問題を解決する方法や見通し等、 “自分の未来展開”が見えなくなる状況にあると きなのです。

 

■見落としているかも!いい波は足元にある!?

普段から自分を俯瞰せずに一次元だけで生活していると、人生を地図に例えたときにどの辺りを歩いているのかよく分からないまま進んで行くことになります。

ですので時折もう一人の自分に天井の辺りまで出て行ってもらい、自分がどんな様子か見下ろしてもらって下さい。悩みを抱えている状況だったら“過去のよかったと思う時期”を思い出し振り返ってその様子を観察してみるのです。

悩みを抱えていたとしても、もしかしたらちょうどよかったと思う時期と似たような現象が起きていて、小さなチャンスが足元にころがっているかも知れません。

そんな風に感じた時は、未来の自分を信じてすぐに足元のチャンスに飛び乗って一気に上昇気流に身をまかせましょう。小さなチャンスのカケラがいずれ大きな夢への懸け橋を作ってくれるかもしれません。

悩んでばかりいてチャンスはの“波”を見逃すことほどもったいないことはありません!

 

筆者の場合、いい事続きの時期は一生懸命頑張っている時というよりは、鼻歌まじりの心境で7割位の力で仕事に取り組み、周りの人たちに対しても素直な気持ちでいる時のようです。こんな時にいくつもの夢が続けて叶ったように思います。

さて、あなたの場合はいかがでしょうか。

【著者略歴】

波登かおり・・・チャージアップ代表・心理カウンセラー 1999年資格取得後事務所設立。後に波登カウンセリング学院・有限会社チャージアップ設立。2004年『チャージ療法』『チャージング』を発案、商標登録。『自己肯定観、人間関係プログラム』を確立。後にカウンセラー養成や派遣業務を経て、現在は個人事業として活動中。講演・執筆を通し「自分の元気の作り方」を提案している。講演は民間企業を始め、経済産業省、国土交通省、全国の商工会、大学や保育園など。著書に『ココロ磨き』ポプラ社、『1分間元気チャージ』幻冬舎。

【関連記事】

※ 毎日に行き詰ったらやってみて!悩み多き大人女子こそ、紙とペンを揃えて○○を描こう

※ その悪口、不満で幸せが遠のいていく…「ネガティブ女子」が人生損する3つのコト

※ 実は理にかなってた!よく飲むのに「いつもイイ女な人が自然としている」習慣5つ

※ 毎月のイライラを簡単に乗り切れる方法があった!リピート率93.2%の優秀アイテムって?[PR]

※ プロもリピ買い!「極上すっぴん美肌」を叶える潤いコスメとは[PR]