WWO-Woman Welleness Online-

ハイヒールで脚は細くなるor太くなる?アレさえ気をつければ、高いヒールでもほっそり美脚に

ファッションでは空前のスニーカーコーデのブームが起きていますよね。それでも、脚をスラっと長く見せるために毎日高いヒールを履いて通勤している大人女子は多いのではないでしょうか。

よくセレブの人たちが「いつでも高いヒールを履くことが美脚を保つ秘訣よ!」なんてこと言ったりしていますが「本当!?」と筆者はちょっと疑問です。

たしかに、ハイヒールは上手に履けば脚の筋肉が刺激され美脚にもつながりますが、無理をして履くと浮腫み、大根足のように足が太くなる原因にもなりかねません。

そこで今回はダイエット&ビューティースペシャリストの筆者が、ハイヒールで作る美脚&浮腫まないコツをご紹介します。

 

■美脚レッスン1:ハイヒールで歩くときは「お尻の筋肉」を意識!

ハイヒールを履くとどうしても体重が前にかかりやすいため、それを補おうとモモの前側の筋肉で全身を支えたり反り腰になりがちになります。

そうすると、前モモの筋肉が発達して脚が太く見えたり、腰が反っていることでお腹が出て見えたり、さらには腰痛の原因にも繋がっていきます。

そうならないためには、まず“お尻の筋肉”を意識して歩いてみましょう!

日常でできることは、エレベーターを使わず階段を使うようにして、足の裏全体で一段一段しっかりと踏み込むように階段を登ってみてください。

階段を登ることを心がければ、お尻の筋肉に刺激を与えることができます。また、時間が空いた時には膝を曲げ伸ばしする屈伸運動をして、モモの裏とお尻の筋肉を柔軟にしておくのも良いでしょう。

お尻の筋肉を意識するとキュッとしまった可愛い小尻と、スラッとした美脚へと近づいていきますよ。

 

■美脚レッスン2:ハイヒールで足がむくむ原因は「足首」が硬くなるため!?

ハイヒールを履いている時に小走りはできても全力疾走はなかなか出来ないですよね。なぜかと言うと、かかとが上がった状態で固定されているので足首を柔軟に動かすことができないためです。

足には全身の各部位に繋がるツボが集結していて、足首周りにはリンパもたくさんあります。足首周りのリンパは水分や血液が足の下に溜まらないようスムーズに送り出すために、とても重要な役割を果たしています。

それがハイヒールを履くことによってガチッと固定された状態でいると、リンパの流れが悪くなります。

ハイヒールを履く前と履いた後、できれば履いている時も足首をグリグリっと強めに回してみてください。周りに人がいなければ、あぐらをかいて足の指に手の指を絡ませてしっかり掴み、30回ほど連続してゆっくりゆっくり回しましょう。

特にお風呂に入った後は、体が温まって血液の循環が良いのでオススメ。足首の筋肉がほぐれてむくみ予防になります。

 

いかがでしたか。フォルムがキレイに見えるハイヒールはヒールが高くなればなった分だけ足に負担がかかりますので、むくみやすいと言えます。ハイヒールを履く際は、足首を柔軟に動かせるものを選びたいものですね。

【著者略歴】

※ motoca・・・MAGNIFIQUE株式会社代表。「すべての輝ける女性たちへ」をコンセプトに、美容、ウェルネス、ヘルスケアに関わる事業を展開。自身でもビューティーアドバイザー、ダイエット・ウェルネスのスペシャリストとしてインストラクションやイベント企画、コラム執筆を行う。プライベートでは、日本舞踊やボルダリング、マリンスポーツ、トライアスロンに至るまで、美やヘルシーを体現するため様々なことに取り組んでいる。今年、代官山にネイルサロン&サファリストア「GIRAFFE TOKYO(仮)」をオープン予定。

【関連記事】

細いわけじゃないのになぜかキレイに見える!不思議な法則「トルソ・バランス」とは?

プロもリピ買い!「極上すっぴん美肌」を叶える潤いコスメとは[PR]

二の腕、お腹、たるみ尻…ツラくないのに効果絶大「おうちエクサ」4選

【今さら聞けない!】ミランダ・カーが愛して止まない「ココナッツオイルダイエット」のメリット・デメリット

96.2%が実感!自信たっぷりのメリハリボディになれる優秀アイテムとは[PR]