WWO-Woman Welleness Online-

面倒くさいを解決!美容師が教える、イチ早く「髪を早く乾かす」裏ワザ3つ

お風呂上りの濡れた髪は、そのまま放置しておくと寒いけど、乾かすことを面倒に感じている女性は多いのではないでしょうか?

特にロングヘア―や髪の毛の量が多いとなかなか乾かないし、乾かす時間もかかりますよね。髪は濡れているとキューティクルが開いた状態なので、髪の毛同士が擦れるだけで傷つきます。

今回は美容師の筆者が、“髪の毛をイチ早く乾かす裏ワザ”をご紹介します。

 

■ポイントはドライヤーの前に「水分をできるだけ取る」コト

ドライヤーの使用時間を短くするには、髪に残った水分をできるだけ少なくする必要があります。そこで大切になるのが“タオルドライ”です。まずは、基本的なタオルドライの方法を確認していきましょう。

・シャンプーの後、手で毛先を優しく絞って水気を切る。

・乾いたタオルを頭にあて、指の腹で小刻みに動かし根元の水分を取っていく。

・髪の毛の中間から毛先は、タオルで優しく握りながらギュっギュっと水分をふき取る。

 

■髪をイチ早く乾かす裏技3つ

(1)キッチンペーパーorティッシュで水分をふき取る

タオルドライ後に、キッチンペーパー又はティッシュでしっかりと水分をふき取ります。タオルより給水力のある紙で徹底的に水分を拭き取っていくのです。

(2)頭にタオルを被ってドライヤーをする

ドライヤーをかける際に、頭にタオルを被ってその上からドライヤーを当てて乾かします。この方法によりドライヤーの使用時間が通常の半分程度に抑えられます。暑くなりすぎないように、ドライヤーを小刻みに振りながら乾かしてくださいね。

(3)洗面所で髪を乾かさない

湿度の高いところでドライヤーを使っても、乾いた髪に水分がつきそれを乾かすために余分な時間を使ってしまいます。ドライヤーを使う際は浴室から離れた場所で湿度の低いところで使用しましょう。

 

髪が濡れたまま寝てしまうとダメージの原因や次の日の朝の寝癖の原因にもなってしまいます。しっかりと乾かして寝れば、その分が朝に早くセットできるので上記を参考にして手早く髪の毛を乾かしてみてくださいね。

【著者略歴】

小泉順一朗・・・ 美容師。都内美容室勤務を経験後、22歳で40年の歴史を持つ美容室を引き継ぎ『Total beauty kawada 川田美容室』を設立。数々のコンテストで県優勝、全日本選手権では入賞経験をもち、現在も全国を飛び回り日々レベルアップに務めている。お 客様が美容室・ヘアスタイルが楽しくなるサロン作りをコンセプトとしており、ブログ・LINEなどでも日々のケアなどを発信、アフターフォーローにも務め ている。

【関連記事】

うわっ、失敗した…!? 美容師が教える失敗ヘアの原因になる「NGオーダー」4つ

パサ髪だと6歳も老けて見える!? 美容師が教える、おうちで出来る「髪のツヤだし」テク

小顔矯正セラピスト直伝! 「顔のたるみ」を楽ちんに撃退できる頭皮マッサージとは

※ 実は理に適っていた!「結婚指輪をねだる」女子ほど幸せになれる理由とは?[PR]

※ ほうれい線があると11歳も老け顔に!? 今すぐ始めたい「レスキューコスメ」とは[PR]

【画像】

※ Daniel_Dash / shutterstock