WWO-Woman Welleness Online-

昔よりエラが張ってきた…!? 「エラ顔」を目立たせる意外な原因とは?

「なんだか最近、昔よりもエラが張ってきてる気がするけど気のせい?」と感じたことはありませんか? スッキリとしたフェイスラインが好まれるこの時代に、エラが張ったベース型の顔をなんとかしたいという女性も多いはず。

実はその気になるエラは、実はアナタ自身が日常で育ててしまっている恐れがあるのです。

今日は小顔矯正セラピストの筆者が、“エラ顏になってしまう”NG習慣とエラを発達させないための予防法をご紹介します。

 

■エラ顏の原因は生まれつきではなく「精神的ストレス」!

赤ちゃんの顔を思い浮かべてもらえれば分かるように、生まれつきエラが張っていて顔の形がベース型になっている人というのはほとんどいません。

ということは、エラが張ってくるのは後天的な要因が大半であるのです! しかも、その要因は精神的ストレス。ストレスで歯を食いしばり筋肉が張っていることが主な原因に繋がっているのです。

それでは、特にどのようなストレスに気をつけ、どう対処したら良いのでしょうか。

 

■顔を美しくする最短距離は…

緊張したり我慢を強いられる状態になると、人の筋肉は収縮して固くなります。特に、“何かに耐えなければいけない”環境に身を置くと、両足で地面を踏みしめるのと同じような感覚で、アゴにググっと力が入ります。

すると、上アゴも下アゴも力を入れて踏ん張る状態になるので、当然エラの筋肉は鍛えられてしまうのです。

よく、筋肉を鍛えるダイエットとして加圧トレーニングがありますが、それを知らず知らずのうちにエラの筋肉にやらせてしまっているのと同じ現象が起きているのです……。そう考えると、ストレスって本当に怖いですよね!

マッサージでエラの緊張をほぐすのも大切ですが、それはあくまでも対処療法でしかありません。根本的な原因を取り除き、エラを発達させない状態にするためには日常的に感じる“ストレスを極力減らす”ことが何よりも効くクスリとなるのです。

究極のところ、“ストレスを溜め込まない生活を送ること”がどんな化粧品よりも効くアンチエイジング方法であることは間違いありませんね。

 

自分が想像している以上に、精神状態と顔つきには根深い因果関係があるのです。つまり、美しさは健康のバロメーターそのもの。

顔はあなた自身も気づいていない感情のSOSを発していることがよくありますので、表情が昔よりも良くない方向に変わってきていると感じたなら、仕事環境や私生活を見つめ直す合図だと受け止めてみましょう。

どんな容姿の女性でも、美人になる可能性と不美人になる可能性を平等に持ち合わせています。ナチュラルで美しいお顔を育てられるかどうかはあなたの心がけと決断次第だということをぜひ忘れないで下さいね。

【著者略歴】

荒川由里子・・・小顔矯正セラピスト、メイクアップアーティスト。東京芸術大学卒業後、メイクと小顔矯正の技術を学び東京、市ヶ谷にて小顔矯正と顔分析メイクアップのサロンインピースをオープン。東京表参道の老舗メイクスクールであるカマタメイクアップスクール(旧 シュウウエムラ メイクアップスクール)にて講師も勤める。

【関連記事】

小顔矯正セラピストが伝授する「エラ顔」を目立たなくするアイブロウメイク術

※ プロもリピ買い!「極上すっぴん美肌」を叶える潤いコスメとは[PR]

下半身ラインが別人並みに細くなる!「究極の歩き方」Aウォーキングとは

ダルい、疲れたと感じたら押してみて!鍼灸師が教える「どんより不調を解消させる」3つのツボ

※ 「ワキ汗問題」がコロっと解決しちゃう!医療先進国デンマーク発の凄腕アイテム[PR]

【画像】Aleshyn_Andrei / shutterstock