WWO-Woman Welleness Online-

【大人女子の酒ライフ】「ワインVS日本酒」徹底比較!美容にイイのはどっち!?

“味覚の秋”というくらい、とにかく秋は食べ物がおいしい季節。大人女子ともなれば秋の味覚とともに楽しみたいのが“お酒”でしょう。

ポリフェノールの効果から美容にも健康にもイイと“赤ワインブーム”がありました。一方で、日本が誇るお酒と言えば、“日本酒”ですよね。

日本酒はどちらかと言えば女性より男性に愛好者が多いのがイメージですが、美容志向の女性には本当に日本酒は向かないのでしょうか?

今回は栄養学の専門家でもある筆者が、ワインと日本酒を徹底比較した結果をご紹介します。

 

■ワインの「健康説」が覆った!? 衝撃の事実が判明

2014年に米国医師会内科学雑誌の電子版に赤ワインに多く含まれているポリフェノールの一種『レスベラトール』について衝撃的な研究発表がありました。

今から約25年も前、赤ワインの健康への効能が知られることとなった調査を“フレンチ・パラドックス”といいます。そのフレンチ・パラドックスには“問題点がある”とジョンズポプキンス大学医学部リチャード・センバ氏らの研究チームが発表したのです。

研究によると、赤ワインに豊富に含まれている抗酸化物質のレスベラトロールには、それまで注目されていた“人を長生きさせる効果”は見受けられなかったとのこと。

この研究結果については被験者の代謝レベル等によって効果が異なると言う問題点が残っているので、完全否定されたわけではありませんが、赤ワインを飲めば“フレンチのような高脂肪食を毎日摂っても大丈夫”というワケではなさそうです。

 

でもやっぱりワインって素敵!

しかし赤ワインにはレスベラトロール以外にも、カリウムが多く含まれるためむくみ対策にはその効果が期待できます。それは白ワインも同様です。

赤ワインに比べて大きな話題になったことはありませんが、実は白ワインには“有機酸”が多く含まれています。有機酸は脂肪酸からエネルギーを作り出し疲労を回復させる他、腸内環境を整え便秘を解消してくれる効果があるためダイエットにも期待がもてるのです。

 

■「日本酒」も負けてません!

昔から「日本酒の作り手である杜氏(とうじ)の手はキレイ」とか、「日本酒の名産地には美肌の人が多い」とか言われています。

その理由は、まず日本酒に含まれる“コウジ酸”。コウジ酸にはシミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑えることでシミやそばかすの発生を防ぐ働きがあります。

メラニンは、チロシナーゼという酵素が働きかけることで、シミ・そばかすの元となる黒色の色素へと変化します。コウジ酸は、このチロシナーゼの活性化を防いで、メラニンの生成抑える働きがあるため、“美白効果”が期待されるのです!

またコウジ酸には頭皮を若返らせ、美しい髪を作る作用もあると言われています。さらに、化粧品に含まれている美白成分のアルブチンも豊富に含む“日本酒”。

それだけではありません! 日本酒には非必須アミノ酸のプロリンという成分が多く含まれています。プロリンには脂肪の燃焼作用があるだけでなく、コラーゲンの構成成分の主要なひとつです。

そして、加齢とともに減少するぷるっぷるの潤い肌に必要なNMF(天然保湿因子)の合成にも欠かせないのがプロリンなのです。

美しさを作る土台の役割を果たしているのですね。

 

カロリーこそ、ワインは赤、白ともに100mlあたり70kcalで日本酒は約100kcalと高めではありますが、1回に飲む量を考えてみるとそれほど大きな差はないように思います。

お銚子とおちょこで差しつ差されつというイメージを一新して、ワイングラスで日本酒なんていうのもこの秋に良いですね。

【著者略歴】

SAYURI・・・長年の医療業界での経験を生かし、健康管理士、食育インストラクター、心理カウンセラーとして執筆活動や講演活動をする傍らNPO法人予防医療推進協会の理事長も務める。

【関連記事】

その食欲は本当に本物?「ニセの食べたい」を抑える食欲コントロール術3つのポイント

2サイズUPも夢じゃない!オトコを虜にするぷるっと「モテボディ」になる魔法のテクとは[PR]

痩せない、ダルい、疲れがとれない…は不足のサイン?アラサー・アラフォー女子に「本当に必要な栄養素」6つ

二の腕ヤバい…1日たった2回で驚くほどスッキリ腕を作る「ネジネジ体操」とは

あのにが~いドリンクのイメージ激変!これなら毎日飲める魔法の1杯とは?[PR]

【画像】AlikeYou / Shutterstock

【参考】

Resveratrol Levels and All-Cause Mortality in Older Community-Dwelling Adults – JAMA Intarnal Medicine