WWO-Woman Welleness Online-

小顔矯正セラピスト直伝! 「顔のたるみ」を楽ちんに撃退できる頭皮マッサージとは

30歳前後から、「最近、私の顔ってたるんできてる!?」と感じて慌ててフェイシャルエステに駆け込んだり、セルフケアでマッサージを始めている大人女子は多いはず。しかし、顔のたるみをとりたいからといって“顔”ばかり触っていはいませんか?

たるみを改善・予防するのに効果的なのは顔をマッサージすることだけではありません。実は、下手に顔のマッサージをやるよりも、“頭のマッサージ”を毎日コツコツやるのがたるみには効果的なのです。

そこで今回は小顔矯正セラピスト・メイクアップアーティストとして多くの女性の顔に向き合ってきた筆者が、毎日簡単にできる“頭のマッサージ方法”を紹介します。

 

■頭皮をマッサージするとなぜ「顔のたるみ」にいいの?

筆者の経験上、“頭皮の柔らかい人ほど顔のたるみは少なく、硬い人ほどたるみが目立っている”という事実があります。

しかも、小顔矯正の施術効果が出やすくたるみがすぐに改善するのは、頭皮の柔らかい人。反対に硬い人はリフトアップの効果が出てくるのにとても時間がかかったという結果もでています。

でも、よく考えてみれば当たり前のこと。顔と頭は一枚の皮膚で繋がっているので、リフトアップしようにも体のてっぺんに位置する頭の皮膚が硬ければその下の顔の皮膚を上に引き上げることは出来ません。

ですので、頭が硬いという自覚がある方は顔のマッサージをするよりも先に、“頭皮を柔らかく”してあげることが大切です。

 

たるみ撃退の必須アイテム!「豚毛・猪毛のヘアブラシ」

マッサージを始める前にひとつだけ用意が必要なアイテムがあります。それが豚の毛や猪毛といった固めの天然毛でできた“ヘアブラシ”です。

FullSizeRender (16)

お値段は1,000円弱のリーズナブルなものから、7,000円以上する高級なものまで幅広くあります。長く使うことを考えると筆者は4,000円以上のものをおすすめします。

毛の密度が高いもののほうがよりしっかりと髪をブラッシングできるのはもちろん、頭皮に当たる毛の分量が多いのでマッサージ効果が高くなるからです。

しかも天然素材のものは、お手入れをしっかりとしていけば本当に一生ものです。購入前には、色々な値段のものを実際に試してみて最も気持ちよく感じるものを選ぶのがベストです。

 

■ブラシの毛をしっかり「頭皮に密着」されながらブラッシングする

それでは、実際にブラッシング方法を紹介します。

最も大切なことは、朝起きたときと入浴前の1日2回はブラッシングをすること。朝のブラッシングでしっかりと頭皮の血流を促し、夜の入浴前のブラッシングでしっかりと頭皮の汚れをうかせます。これで頭皮に優しい環境を整えるわけです。

もうひとつの重要ポイントは、しっかりと頭皮にブラシの毛を密着させるようにとかすこと。想像しているよりも痛くないですし、やってみるとやみつきになる気持ちよさですので気軽に続けられるのも魅力ですよ。

 

毎日のセルフマッサージなんて面倒くさいし大変……と思っていても、これなら気軽の続けられること間違いなし! 日々のお手入れに取り入れて“たるみ”のない若々しい顔を維持していきましょうね。

【著者略歴】

荒川由里子・・・小顔矯正セラピスト、メイクアップアーティスト。東京芸術大学卒業後、メイクと小顔矯正の技術を学び東京、市ヶ谷にて小顔矯正と顔分析メイクアップのサロンインピースをオープン。東京表参道の老舗メイクスクールであるカマタメイクアップスクール(旧 シュウウエムラ メイクアップスクール)にて講師も勤める。

【関連記事】

小顔矯正セラピストが伝授する「エラ顔」を目立たなくするアイブロウメイク術

昔よりエラが張ってきた…!? 「エラ顔」を目立たせる意外な原因とは?

※ 2サイズUPも夢じゃない!オトコを虜にするぷるっと「モテボディ」になる魔法のテクとは[PR]

下半身ラインが別人並みに細くなる!「究極の歩き方」Aウォーキングとは

あのにが~いドリンクのイメージ激変!これなら毎日飲める魔法の1杯とは?[PR]

【画像】Valua Vitaly / shutterstock