WWO-Woman Welleness Online-

【ヨガインストラクター直伝】手足の冷えやむくみを根本から改善できる「鳩の王ポーズ」って?

最近めっきり涼しくなり、手足が“冷たい”浮腫む”といったことに悩んでいませんか?

これから一気に気温は下がり、寒くなるため女性は冷えやむくみを感じやすくなります。そして、体温が低いと免疫系のトラブルも起きやすくなると言われているので一層の注意が必要となります。

今回はヨガインストラクターの筆者が、根本からの“冷え・浮腫みの解消”に効果的なヨガポーズをご紹介します。

 

片脚の「鳩の王」のポーズ(エカ・パダ・カポタ・アサナ)

(1)まずは四つん這いの姿勢になり、左膝を左手首の手前におき、右足を背後にまっすぐ伸ばし左かかとは右腰の前におきます。

032

(2)左右の骨盤は平行に保ちましょう。左足首は90度に曲げ膝を守ります。手で床を押しながら上体を持ち上げ胸を開きます。

左足の付け根から体の前面の心地よい伸びを感じましょう。骨盤矯正、内蔵機能の調整にも効果的です。

030

(3)このポジションで30秒キープ。その後、ゆっくり息を吐きながら、上半身を前にたおしていきます。

 

鳩の王のポーズの変形バージョン(ハーフ・ピジョン)

031

(4)息を吐きながら、体と床のすきまをうめるように前屈を深めます。おしりの筋肉(梨状筋)がほぐれ、腰痛を緩和させる効果もあります。

(5)ポーズをとくときは、ゆっくりと状態を起こし、右膝を注意深く後ろにずらし、再び四つん這いの姿勢になります。

(6)反対側も同様に行いましょう。

 

ヨガのポーズで普段あまり使えてない筋肉を使い、骨盤を正しい位置に整え、内蔵や血流の動きをよくしてあげましょう。そうすることによって、固まっていた筋肉がほぐれ体全体の巡りがよくなり、冷え性やむくみの解消につながるんです!

まだ夏の名残で、電車の中やオフィスではエアコンの冷えが気になりますが、日常生活においても1枚上着を羽織るなどして体が冷えないようケアしてくださいね。

【著者略歴】

tamayo・・・yogaインストラクター、パーソナルトレーナー。ボディメンテナンスサロンアーリア代表。サロンアーリアでは女性を中心にレッスンを通して心身を整えるお手伝いを行っていると同時に大手スポーツクラブにてヨガインストラクターとしても活躍中。

【関連記事】

※ 朝は寝ながらスタート!たった3分で免疫力UPに繋がるヨガポーズ「橋のポーズ」で

※ 寝ているだけでイイ!? むくみ知らずになれる「デトックス美人」体操とは?

※ ダルい、疲れたと感じたら押してみて!鍼灸師が教える「どんより不調を解消させる」3つのツボ

※ 芸能人・モデルの美肌のヒミツはコレ!「すっぴん美人」を叶える極上コスメとは[PR]

※ 「ワキ汗問題」がコロっと解決しちゃう!医療先進国デンマーク発の凄腕アイテム[PR]

【画像】lkoimages / shutterstock