WWO-Woman Welleness Online-

ダイエット、便秘解消、美肌にも!? 大人女子こそ食べるべき「スーパー食材」って?

実りの秋。気温も心地よくなり暑さからの食欲不振もなくなって、“食べたい欲求”と“痩せたい願望”が入り混じる複雑な女心を抱えている方が多いのではないでしょうか。

アラサーアラフォーともなると年齢とともに基礎代謝が落ちてきて、なかなか思うように体型を維持できない悩みをもつ女性が多い中、ダイエット指導のプロである筆者がそんな大人女子にオススメする食材があります。

それは毎食前もや間食にも食べてOKな食材なのです!

今回は、ダイエットそしてインナービューティのプロである筆者が奨める栄養がギューっと詰まった“スーパー食材”をご紹介します。

 

■美容にいい栄養がたっぷり入っている「アーモンド」

まずはアーモンドの栄養成分を具体的に見てみましょう。生アーモンド100gあたりのカロリーは598kcal。一見、高カロリーに見えますが、アーモンド一粒の重さは約1g。1日に100粒も食べるということは、まず考えられないのでここは考えなくても問題ありません。

注目すべきは、良質な“脂肪酸”“ビタミン”“ミネラル”です。アーモンドにはビタミンB2が豊富で、脂肪の代謝を促進してくれます。他にも“若返りのビタミン”と呼ばれるビタミンEや亜鉛が豊富で肌荒れを防ぐ働きがあり、美肌・アンチエイジング効果と嬉しいことばかりなのです!

さらに食物繊維でお通じに良くなく、食前に食べれば血糖値の急上昇を抑えることができ、肥満や怖い老化現象も予防出来るのです。

そしてアーモンドに含まれるオレイン酸はオリーブオイルにも豊富に含まれている脂肪酸で、善玉(HDL)コレステロールを減少させることなく、悪玉(LDL)コレステロールを減少させるだけでなく、“リバウンドを防ぐ”効果があると言われています。

 

■どっちがイイの!? 「生アーモンドvs素焼きアーモンド」

さて、既にアーモンドを日常に取り入れている人たちの中で話題になっているのが、「生がいいのか?」「ローストしたものがいいのか?」という点。

ローストすることで、アーモンドの“ビタミン”をはじめとする色んな栄養素が失われるため“生アーモンド”のほうが健康や美容面でイイと言われています。ですが、アーモンドには実は“熱に弱い栄養素”はないのです!

アーモンドに豊富に含まれるビタミンB2は水溶性ビタミンで水に溶けやすく熱に弱い。一方でビタミンEは脂溶性ビタミンで水に溶けにくく熱に強い特徴があります。

ですが、実はこの水溶性ビタミンのビタミンB2は脂溶性ビタミンと変わらないほど熱に強いとされているのです!

そして生アーモンドの最大の問題点として挙げられているのが、有害物質の“酵素抑制物質”。その名の通り、酵素の働きを抑制してしまうので、内臓に大きな負担をかけて消化不良を起こし下痢の原因になる恐れもあるのです。

これを除去するためには、“加熱”するか“水に12時間以上浸けて”皮を取り除くしかありません。しかし、こんな面倒なことはしたくないし、皮を取り除いてしまってはせっかくの皮に含まれているポリフェノールを摂ることが出来なくなってしまいます。

このような理由もあって筆者がオススメするのは“素焼きアーモンド”! アーモンドを購入する際は、必ず原材料名をチェックして油脂・塩などと記載されているものではなく、アーモンドのみが掲載されているものを選ぶといいでしょう。

 

毎食前、そして甘いものが食べたくなった時も、食べる前に5~7粒のアーモンド習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

【著者略歴】

SAYURI・・・長年の医療業界での経験を生かし、健康管理士、食育インストラクター、心理カウンセラーとして執筆活動や講演活動をする傍らNPO法人予防医療推進協会の理事長も務める。

【関連記事】

実は理に適っていた!「結婚指輪をねだる」女子ほど幸せになれる理由とは?[PR]

痩せない、ダルい、疲れがとれない…は不足のサイン?アラサー・アラフォー女子に「本当に必要な栄養素」6つ

その食欲は本当に本物?「ニセの食べたい」を抑える食欲コントロール術3つのポイント

二の腕ヤバい…1日たった2回で驚くほどスッキリ腕を作る「ネジネジ体操」とは

痩せスイッチをオン!頑張らなくてイイ「目からウロコ」のダイエットアイテムとは[PR]

【画像】Alliance / shutterstock