WWO-Woman Welleness Online-

化粧品を買う前に試してみて!「肌荒れ」「くすみ肌」を解消させる2つのツボ

くすみ、肌荒れ、ニキビや吹き出物など、忙しい大人女子は普段から肌のお手入れを気をつけていても、いつの間にか肌トラブルに見舞われることがあります。

肌のトラブルはお手入れを怠っている場合だけではなく、実は内臓の不調やストレスなど、いわゆる“免疫力が低下”してときに起こることのほうが多いのです。

疲れているときに口のまわりや下あごあたりに吹き出物がでることはありませんか? 暴飲暴食を繰り返したのちにお肌が荒れることありませんか? そんなときはツボを刺激したり、内臓を鍛えて自分の免疫力をあげましょう!

そこで今回は鍼灸師である筆者が、体の中から“肌あれ”を改善するツボをご紹介します。

 

■東洋医学マメ知識!「くすみ」の原因は血の滞り

吹き出物や肌荒れは、胃腸の荒れに比例すると同時に、くすみやしみは血液の滞りがあると出やすいと言われていて、くすみの原因は血の流れが悪いとき、滞っているときに起こります。

東洋医学では瘀血(おけつ)という言葉がありますが、これは血の流れが滞っている状態を表します。

女性では経血が多い場合の月経異常が代表的ですが、男性では血がドロドロのイメージの動脈硬化などが挙げられます。くすみやしみは血虚(けっきょ)の状態を表します。血虚とは血が不足しており栄養状態が悪くなっている状態です。

食べるものが偏っていたり睡眠不足が続いても血虚になることがあります。それが続くと肌が乾燥して顔の血色も悪くなり、新陳代謝が悪くなりしみやくすみができやすくなるのです。

血虚の時は女性の経血の減少が見られますので注意が必要です。くれぐれも不規則な生活を送らないよう養生することが第一! 血虚の時は鉄分や血を補うものを積極的に摂取するようにしましょうね。

 

しみ、そばかす、肌荒れに「中脘(ちゅうかん)」を押すとイイ!

DSC_3315

みぞおちとおへその間にある中脘(ちゅうかん)は消化不良にも効果を発揮するツボです。そのため、二日酔いにも効果的。中脘は胃腸の働きを整えて内臓の働きを活発にすることでその原因を取り除いてあげましょう!

 

ニキビ・吹き出物には「曲池(きょくち)」がイイ!

DSC_3307

肘を曲げたときにできる横のしわの親指側にある曲池(きょくち)。炎症に効くといわれているツボです。赤く炎症を起こしたニキビや吹き出物があるときはここを刺激しましょう。

 

東洋医学では人は“気・血・水”のバランスが乱れると病気になると考えられています。バランスを崩す前にツボのセルフケアを参考にしてみてくださいね。

【著者略歴】

小西みわ・・・鍼灸師。女性専門サロン『美和鍼灸治療院』代表。あらゆる女性の悩みに対応した施術を行う。特に美容に特化した独自のメソッドは評判が高い。せんねん灸セルフケアサポーターとしてお灸の普及活動にも力を入れている。

【関連記事】

【鍼灸師が教える】東洋医学的にはコレ!「秋のどんより不調」を予防する3つの食べ物

※ 【初心者でもわかる東洋医学】五行説よると、秋は「鼻と肺と憂い」にご注意!

白髪、ペタンコ、パサパサ髪は老けてみられる!上品な「美髪に若返る」方法って?[PR]

げっ、白髪を発見…抜かないでココを押して!「ツボ押し」でできる白髪対策とは

※ ほうれい線があると11歳も老け顔に!? 今すぐ始めたい「レスキューコスメ」とは[PR]

【画像】

※ Syda Productions / Shutterstock