WWO-Woman Welleness Online-

丸顔さんはやっちゃダメ!小顔矯正のプロが教える「NGアイブロウ」と美人メイク法とは

ついつい食べ過ぎてしまいがちな秋。気がつけば「顔が少し丸くなってきた……?」そんな経験をしたことのある大人女子は沢山いますよね。

顔の形は人それぞれですが、丸くなってしまった顔はある程度メイクで上手にカバーできるんです。。

そこで今回は小顔矯正セラピストの筆者が、秋~冬太りの時にも役に立つ“丸顔さんでもホッソリ小顔に見られるアイブロウの描き方”をご紹介します。

 

■眉チェック!丸顔さんに「長い眉尻」は禁物

一般的に、眉は“短く”描けば若々しい印象になります。ということは、反対に“長く”描けば大人っぽい落ち着いた雰囲気を演出できるということ。

なのでアラサー・アラフォーといった大人女子の皆さんには、知的な雰囲気や洗練された女性らしさを出すために眉の長さは少し長めに描くことをおすすめします。

ですが、この法則は丸顔さんだけは“例外”なのです!

下のイラストは、丸顔の女性の顔で“眉をやや長め”に描いた状態です。

image

なんとなく、ボンヤリふっくらとして見えます。大らかさがあると言えば素敵ですが、少し大仏っぽい顔にも見えなくもないかも。

 

■丸顔は「短めの眉」で小顔効果を狙う!

ではこちらのイラストはどうでしょうか?

image

さきほどの図と輪郭は全く同じ顔ですが、眉の長さだけ違います。それだけなのに、顔が引き締まって小顔に見えますよね!

眉を短くすることにより、輪郭の丸さを緩和することができるんです。簡単ですが、印象がガラッと変わるのですぐに試してもらいたいテクニック。

 

■応用編!さらに「シャープな表情」を演出するなら

image

眉の長さはひとつ前のイラストと同じですが、今度は“眉山の形を三角形”に整えてキリッとした印象を引き出しています。仕事の時や、人からの信頼を得たいシーンではこれくらい強めの眉もいいですね。

 

ちょっとの眉の違いで、印象は大きく変わります。眉は時期によって様々なデザインが流行りますが、大人女子なら流行に流され続けるのはもうおしまい! 自分の顔型にあった眉の太さ、長さ、角度をしっかりと把握していつも“ベストな私”を演出しましょう。

【著者略歴】

荒川由里子・・・小顔矯正セラピスト、メイクアップアーティスト。東京芸術大学卒業後、メイクと小顔矯正の技術を学び東京、市ヶ谷にて小顔矯正と顔分析メイクアップのサロンインピースをオープン。東京表参道の老舗メイクスクールであるカマタメイクアップスクール(旧 シュウウエムラ メイクアップスクール)にて講師も勤める。

【関連記事】

小顔矯正セラピストが伝授する「エラ顔」を目立たなくするアイブロウメイク術

昔よりエラが張ってきた…!? 「エラ顔」を目立たせる意外な原因とは?

実は理に適っていた!「結婚指輪をねだる」女子ほど幸せになれる理由とは?[PR]

下半身ラインが別人並みに細くなる!「究極の歩き方」Aウォーキングとは

痩せスイッチをオン!頑張らなくてイイ「目からウロコ」のダイエットアイテムとは[PR]

【画像】Gladskikh Tatiana / shutterstock