WWO-Woman Welleness Online-

小顔矯正セラピスト直伝!「顎が細い人」がやってはいけないNG眉とは?

眉の形一つで人に与える印象ががらっと変わってしまうのは、大人女子のみなさんなら十分にご存知ですよね。

でも、それが分かっていたとしても自分に“本当に似合う眉”を見つけるのはとても難しいのが現実……。

今回は小顔セラピストの筆者が、怖い人だと思われがちな女性や顎が細くてシャープな顔型の女性のための仕事でもプライベートでも好印象間違いなしの“眉の法則”をご紹介します。

 

しっかり知っておこう!顎がシャープな人は避けるべき眉

image2 (2)

この顎が細くて瘦せ型の女性の顔ですが、とってもきつくて怖そうな人に見えませんか? そんなふうに見られてしまう理由は、ズバリ斜め上に“つり上がった眉”が原因なのです。

顎が細くて痩せている人は、それだけで顔が逆三角形の形になるため丸顔や卵型の女性よりも強くて怖そうな印象を与えがちです。なぜなら、ただでさえ輪郭の印象が強いのに、眉の形までつり上げてしまうと顔の中に直線的な要素が多くなりすぎるからです。

このままでは、怖い人に見られてしまって初対面の人はもちろん様々な場面で損をしてしまいます! なので、眉の形を工夫するなら“柔らかく優しそうな雰囲気を演出する”のがベスト。では、実際に改善した眉を見てみましょう。

 

■眉デザインを決めるときに重要なのは「長さと角度」

image1 (4)

 

どうでしょうか? 眉を変えただけでずいぶんと優しそうな人に見えますよね。すごく変わったように見えますが、実は手を加えたのは下記の3か所だけなのです!

(1)まず、眉全体の角度をほぼ平行に整えます。

(2)次に、眉尻を目尻より少し長くするくらいの長さに調整します。ここで長くしすぎると、顎のシャープさを強調することになるので短めに抑えるのがポイントです。

(3)最後に、眉頭の形を丸く整えます。

眉のデザインを決めるときに重要なのは、眉の“長さ”と“角度”の2点です。この2点がしっかり決まったら、さらに眉山と眉頭の形を直線的にするか曲線的にするか選ぶと良いです。

このようにステップをしっかりと踏んでいけば、眉を自分で整えるのも難しくないんですよ! そう考えると、今日からさっそく試してみようと思えますよね。

 

別に怒ってるわけじゃなのに、「いつも不機嫌そうに見られる」「顔の形が直線的できつく見られがち」と悩んでいる女性は上記のポイントをしっかりと押さえて眉をお手入れしてみてくださいね。

きっと、職場の人や家族とのコミュニケーションがスムーズになってお得な出来事が舞い込んでくるかもしれませんよ!

【著者略歴】

荒川由里子・・・小顔矯正セラピスト、メイクアップアーティスト。東京芸術大学卒業後、メイクと小顔矯正の技術を学び東京、市ヶ谷にて小顔矯正と顔分析メイクアップのサロンインピースをオープン。東京表参道の老舗メイクスクールであるカマタメイクアップスクール(旧 シュウウエムラ メイクアップスクール)にて講師も勤める。

【関連記事】

丸顔さんはやっちゃダメ!小顔矯正のプロが教える「NGアイブロウ」と美人メイク法とは

小顔矯正セラピストが伝授する「エラ顔」を目立たなくするアイブロウメイク術

痩せスイッチをオン!頑張らなくてイイ「目からウロコ」のダイエットアイテムとは[PR]

小顔矯正セラピスト直伝! 「顔のたるみ」を楽ちんに撃退できる頭皮マッサージとは

実は理に適っていた!「結婚指輪をねだる」女子ほど幸せになれる理由とは?[PR]

【画像】Yellowj / shutterstock