驚くほど腰痛が軽くなる!? 座ったままでできちゃう「ねじねじ1分ストレッチ」とは

普段の何気ないデスクワークは、集中しているとあっという間に“数時間経っていた”なんてことが日常茶飯事の大人女子は多いのではないでしょうか?

2時間ほど同じ姿勢で座っていると、同じ時間“中腰”でいるのと変わらないくらい腰にストレスがかかっていると言われています。また、猫背などの“正しくない姿勢”を続けると、筋肉が固まりその部分の血液循環が低下して、老廃物が溜まりやすくなります。そうすると固くなった筋肉の一部に痛みが現れるのです。

腰痛防止のためには、体を動かすこと、特に腰周辺の筋肉を動かして血液循環を整えることが基本です。

そこで今回はヨガインストラクターの筆者が、イスに座ったままでできる“腰痛防止のストレッチ”をご紹介します。

 

■まずは「背骨」のストレッチからスタート!

背もたれから少し離れて座り、両手を天井に持ち上げ、手の平を返し背中を少し反るようにして、できる限りの背伸びをします。腰が伸び、肩と背骨もストレッチがはいり、伸びを感じることができます。

 

■続いて「腰」のねじねじツイスト!

背もたれから少し離れて座り、背筋は伸ばしたまま上半身を右にねじり、右手で椅子の背もたれをもちます。左手は右ももの外側におきます。息を吐きながらツイストを深め、腰が気持ちよく伸びるのを感じましょう。反対側も同様にストレッチします。

 

■最後におしり周りの「臀部」ストレッチで仕上げ!

(1)左膝の上に右足のかかとをのせます。足首は90度に曲げましょう。

(2)背筋をできるだけ伸ばした状態で、息を吐きながら上体を前に倒します。

(3)お尻の伸びを感じながら、態勢を30秒くらいキープします。

019

(4)反対側も同様にストレッチします。

 

全部行っても“たったの1分”です。集中力を持続させ、効率よく仕事するためにも、できれば1時間に1度は固まった腰を動かすように心がけてくださいね!

【著者略歴】

tamayo・・・yogaインストラクター、パーソナルトレーナー。ボディメンテナンスサロンアーリア代表。サロンアーリアでは女性を中心にレッスンを通して心身を整えるお手伝いを行っていると同時に大手スポーツクラブにてヨガインストラクターとしても活躍中。

【関連記事】

※ 【姿勢調律師に聞いた】下半身太りの原因はコレだった!たった10秒でみるみる「ほっそり美脚」体操とは?

※ 朝は寝ながらスタート!たった3分で免疫力UPに繋がるヨガポーズ「橋のポーズ」で

※ ほうれい線があると11歳も老け顔に!? 今すぐ始めたい「レスキューコスメ」とは[PR]

※ 「ワキ汗問題」がコロっと解決しちゃう!医療先進国デンマーク発の凄腕アイテム[PR]

【画像】

※ cherezoff / shutterstock