WWO-Woman Welleness Online-

ココが違った!「毎日パワフルに過ごしている」イイ女ほど身につけている習慣って?

人が明るくパワフルになって行くには、ある一定の原理原則があります。ですからその反対の行動をしていれば、当然低いトーンのまま毎日を過ごす事に……。

人生一度きりならば、明るく熱い気持ちをずっと持ち続け、パワフルに人生を切り開いていきたいものです。

そこで今日は心理カウンセラーの筆者が、日々の“ちょっとした工夫”で毎日がパワフルで元気に過ごせる方法をご紹介します。

 

■力の欲求とは

人間にはいくつかの“基本的欲求”というのがあります。その中のひとつに“力の欲求”というものがあり、これは充実感や達成感の“満足を求める”欲求になります。

それは、何かを征服したり、勝ち取って満足した時、“力の欲求が満たされた”と感じることが出来たときに得られるもので、始めたばかりのテニスで試合に出たら優勝した、長い間コツコツと資格勉強していてやっと試験に合格した、なんていう自分の中でやり遂げた感じを味わう事が出来きたときです。

反対に自分が前進しているのかどうか分からないとか、全然上達している感じがない、という状態を繰り返していれば、段々と疲れて来てモチベーションも下がります。いつも元気がない人というのは、無意識にこんな負の生活をリピートしている事が多いのです。

実は力の欲求は、良い方法でも悪い方法でも満たされます。良い方法というのは、ずっと努力を続けて目標を達成した時などに感じられる場合で、悪い方法の力の欲求の満たし方というのは、人に暴力をふるったり、人を支配したりすることになります。方法は違えど、どちらも力の欲求を満たしているのです。

そして力の欲求の度合いは人によって様々です。元々、力の欲求が強い人というのは、良い方法で満たせなかった場合、たとえ悪い方法でも何とかして満たそうとするのです。

 

■スマートに「力の欲求」を満たすには

“仕事で大きなプロジェクトが成功した”なんて言う時、力の欲求は強く満たされ、エネルギーが上がり人はパワフルになります。

これはとてもいい事ですが、出来れば毎日“コンスタント”で小まめに自分の力の欲求を満たしてあげられのがとベストです。それは、日々の生活の中で小さな“やったぜ感”を沢山味わえるのが理想。

ですから生活の中で、一つ一つ“やっつけて行く感じ”を味わえる工夫をしてみましょう! 例えば、朝一で今日の予定をリストにし、それを一つ終えるごとにしっかりと赤で塗りつぶすように消していく、なんていうのは誰にでもすぐ出来るいい方法です。いわゆるTODOリストですね。

そして消込みに使う鉛筆は“ダーマトグラフ”と呼ばれる、糸を引いて巻紙を外し芯を出す、太い赤鉛筆がお勧めです。消す時に出来るだけ強く“やっつけた感”を自分に味わわせるためです。

 

この手のワークはいかにルーティンワークに落とし込めるかがポイントです。

毎日腹筋をやろうと決めた場合も、毎日英単語を覚えたいと思った場合も、1つ終わるごとに何か塗りつぶして行くような仕組みを作って目に見える場所に置いておくと、確実に積み上げている感じがあるので自分に対して納得して進んでいくことが出来るのです。

いつも元気な人はこんな小さな日々の工夫をしている事が多いのですよ。

【著者略歴】

波登かおり・・・チャージアップ代表・心理カウンセラー 1999年資格取得後事務所設立。後に波登カウンセリング学院・有限会社チャージアップ設立。2004年『チャージ療法』『チャージング』を発案、商標登録。『自己肯定観、人間関係プログラム』を確立。後にカウンセラー養成や派遣業務を経て、現在は個人事業として活動中。講演・執筆を通し「自分の元気の作り方」を提案している。講演は民間企業を始め、経済産業省、国土交通省、全国の商工会、大学や保育園など。著書に『ココロ磨き』ポプラ社、『1分間元気チャージ』幻冬舎。

【関連記事】

【人生変わる】キラキラ女子と幸薄女子、決定的違いは「思考クセ」にあった!

男の出世はアナタ次第!デキる女が「言わない、しない」6つのコトとは?

アナタはいくつ当てはまる?「今年こそ結婚したい」なら今スグ止めるべき行動3つ

※ 白髪、ペタンコ、パサパサ髪は老けてみられる!上品な「美髪に若返る」方法って?[PR]

※ ほうれい線があると11歳も老け顔に!? 今すぐ始めたい「レスキューコスメ」とは[PR]

【画像】

※ Grekov’s / Shutterstock