WWO-Woman Welleness Online-

1日たったの1回で激変!? ブーツの季節に「脚が浮腫まない」美脚ストレッチって?

冬に近づくに連れて登場するブーツ。朝はゆるゆるに履けていたのに、夕方になるとブーツがきつくなってて、ジッパーが苦痛になる……大人女子であれば、一度ならずきっと何度も経験済ですよね。

その原因は“股関節”周りのリンパ液の滞りにあります。リンパ液というのは、基本的に筋力を使うことで流れが良くなりますが、じっとしていることが多い女性は特に浮腫みやすくなるのです。

そこで今回は姿勢調律士の筆者が、とっても簡単で1日1回だけでも変化が分かる“脚のリンパ流し&浮腫みケア”をご紹介します。

 

■足が浮腫むワケ

脚が浮腫む原因は股関節周りのリンパ液の滞りにあるとお伝えしましたが、浮腫みやすい姿勢が“長時間座りっぱなし”でいることが一番多いことにあります。特にデスクワーク中心の大人女子は、足の付け根のリンパ液が貯まりやすいところの流れが滞りがちに。

そのためリンパ液が滞ると、足はみるみる太くなり、ブーツがどんどんきつくなるのです。加えて、ふくらはぎを使わないことが最大の浮腫み要因になります。

第二の心臓と言われるふくらはぎは、云わば“下半身の心臓の役割”を担います。下半身にたまった体液を上半身に戻しやすくするためには、ふくらはぎを活性化させることが重要となります。

 

■1日1回でスルスル流れる「リンパストレッチ」とは?

浮腫みをスッキリ解消し、美脚美人になるためのストレッチをご紹介します。

(社)日本姿勢調律協会

写真のような姿勢を作ります。ポイントは太腿の付け根の部分(鼠蹊部(そけいぶ))がしっかりと伸びているのを感じること。気持ちがいいと感じるくらいの状態で左右交互に1回ずつ伸ばして行きましょう。

足の鼠蹊部(そけいぶ)にはリンパ液が密集しています。ですから、デスクワークなどで座り姿勢が多いと足の鼠蹊部を伸ばすことが少なく、縮んだ状態が続くため、足が浮腫んでしますのです。

帰宅後に左右交互にストレッチをすることで、リンパ液の流れを良くし、足の浮腫みを軽減させていきましょう。

 

綺麗は毎日の生活にワンポイントをプラスすることから始まります。スラリとした美脚美人を目指して浮腫みケアをしていきましょう!

【著者略歴】

野口早苗・・・3歳からのダンス経験を生かし、ニューヨーク、国内にてプロダンサーとして活躍後、ピラティス、オステオパシーを学び、姿勢調律士として活 動を始める。青山sanareサロンの代表を勤め、アーティスト、モデル、スポーツ選手など著名人から一般の方まで幅広く支持を受ける。

「正しい姿勢」が自らの身体、メンタルを整える方法として役立つことを痛感し、姿勢の研究を行い、(社)日本姿勢調律協会を立ち上げる。協会では「L で座ってIで立つ•Aウォーキング」をキャッチコピーとして姿勢指導を行う他、「心×技×体」の教えを元に、痛みのケア方法やメンタルコーチングも行う。 講師養成と共に子供の健やかな成長へのサポート、高齢者のケアなど幅広く活動を広げる。

【関連記事】

※ 靴底の減り方を今スグチェック!「美脚になる歩き方」徹底解説

美脚が1日30秒で手に入っちゃう!寝るだけ「大仏さまのポーズ」って?

下半身ラインが別人並みに細くなる!「究極の歩き方」Aウォーキングとは

※ みんなが使っている理由、納得!「買い物を楽しみながらキレイになれる」神アプリって?[PR]

※ 白髪、ペタンコ、パサパサ髪は老けてみられる!上品な「美髪に若返る」方法って?[PR]

【画像】

※ crystalfoto / Shutterstock