WWO-Woman Welleness Online-

もう頑張るの止めませんか?男性が「愛してしまう女」になるとっておき方法

shutterstock_190050413

“ワガママな女”がモテる風潮に疑問を感じたり、「こんなに尽くしているのに、どうしてあんな彼女が愛されるの?」と不満を感じたことのある女性は少なくないのではないでしょうか。

そんなお悩みを抱えている場合、男性自身も気づいていないことが多いのですが“オトコの深層心理”を理解しておらず、永遠に平行線で疲弊するだけになる可能性があります。理解すればアナタの人生はもっとラクに、そしてもっと楽しくなる可能性がありますよ!

そこで今回は、数多くの女性の恋愛の悩みを解決してきた筆者が、愛されるのではなく“愛させる”女性になるための方法をご紹介します。

 

■アピールはするのではなく「させる」

“愛させる”というと少し違和感を感じる方もいるかもしれませんが、男性にあなたを愛させることは“好きな男性をいい男に育てる”ということにつながります。そして、男性は自分をいい男にしてくれる女性を手放せません。

男性は女性からアピールをされてもあまりトキメキを感じないのです。アピールはするのではなく“させる”ことが大切ということです。

意外に感じる方もいるかもしれませんが、男性は女性が“家庭的か”“仕事ができるか”といったことはあまり気にしていません。それよりも、この女性に“自分は何ができるのか”が、男性の深層心理でポイントになっています。

 

■意外や意外!「愛させる女性」は料理をとり分けない

男性は女性にしてもらったことはほとんど覚えていません。それよりも自分がしたことに“喜んでくれた”ことの方が何倍も愛情を感じるのです。

だから、“愛させる女性”は料理を取り分けたり、男性に世話を焼かないのです。それよりも、男性にどんなことを“してほしいのか”を伝え、してくれたことに対して素直に喜ぶのがポイントです。

だからまずは、小さなお願いからはじめてみて、その際に「スゴイですね」「さすがですね」など、彼があなたの幸せに貢献できていることを伝えていきましょう。

難しいと感じる方は、わがままになりすぎないように、“してほしいこと”と“したくないこと”を両方伝えることから始めてみては。

男性は女性に“尽くせば尽くすほど”その女性を可愛く感じてしまうのです。

 

尽くすことをやめれば、自然と男性から“愛される”ようになります。頑張りすぎることをやめて自分が楽しむことを優先してみてくださいね。

【著者略歴】

広中裕介・・・恋愛の学校『Love Academy』代表ゆ~すけ。恋愛に対する考えを通して今までの自分を見つめなおせる恋愛の学校。独特の恋愛観から悩みの核心をつく講座・セミナーを全国で展開中。

【画像】

※ sivilla / shutterstock

【関連記事】

※ 「恋愛が長続きする」女の法則ココにあり!美人でも、尽くすタイプでもなく…じゃあ?

※ 大人モテ子はココが違った♡恋愛の「コミュニケーション能力」を高める会話術とは

※ 母親もダメ!? 恋愛相談を女友達に「してはいけない」理由とは

※ プロが絶賛!大人の乾燥肌にピッタリの「節制美スキンケア」とは [PR]

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]