It Mama

【鍼灸士に聞いた】ツボ押しで「妊娠中のむくみ」「つわり」がラクに!

妊娠中は、ホルモンバランスの変化により、熱っぽく感じる妊婦さんが多いそうです。そのため、薄着になったり、冷たい飲み物を飲んでしまいがちですが、妊婦さんが身体を冷やし過ぎてしまうと、むくみがひどくなったり、つわりが悪化してしまうことも……。

また、足には子宮と繋がりの深いツボが存在するため、特に冷やしてはいけない部分なんです。

そこで今回は、実は妊娠中にがとても効果がある鍼灸について、鍼灸士さんに“妊娠中のカラダをケアするツボ押し法”について伺ってみました!

 

■鍼灸ってなに?

東洋医学或いは漢方医学の一分野として中国に起源をもつ鍼灸は、金属の細い針を経穴(ツボ)に刺入し、或いは艾(もぐさ)を燃焼させて経穴(ツボ)に刺激を加え病気を治そうとする施術です。

刺入せずに皮膚に接触させたり押圧させたりする方法もあり、小児鍼として乳幼児の夜尿症,夜泣きなどに施術する場合も。

鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、その結果として、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があり、ひいては、生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)に働きかけるのではないかと考えられています。

 

■妊娠中に自宅でもできるケア法

妊娠が発覚してすぐにでも鍼灸をすることは可能です。

むしろ鍼灸をおこない、骨盤内の血流を良くすることで、初期におこりやすい流産を防ぐことにも繋がります。

鍼灸院に行けたら一番良いですが、妊娠中は体調が安定しなかったりしますので、ご自宅でもできるケア法を今回はレディース鍼灸さいとう中野の鍼灸師井澤歓子先生にお伺いしました。

(1)妊娠初期から「温め」で子宮の状態を安定

ふくりゅう2

温める場所は“復溜”というツボです。

足のツボは押すと子宮を収縮する恐れがあるため、基本的にお灸で温めるかお灸ができない場合はレッグウォーマーなどで温めるだけでも効果があるとのことです。

“復溜”の場所は内くるぶしから指三本分上に上がったところで脚の骨とアキレス腱の間の部分です。

ふくりゅう

慣れれば自宅でできるお灸を使用するのが良いのですが、最初は鍼灸院に行ってお灸を購入したり、ツボの場所を確認された方が良いかと思います。

すぐにできるのはレッグウォーマーでの温めですね!

子宮を安定させ赤ちゃんが流れてしまうのを防ぐのに効果があるそうです。逆にここが冷えてしまうと子宮の状態が悪くなり流産のリスクをあげてしまうとのことです。