WWO-Woman Welleness Online-

ヨーロッパ美人の常識!「履くだけでキレイになる」靴ブランド3選

イタリアの女性は歩き方がキレイ。背中を伸ばして颯爽と歩いているだけで、美しさは断然アップします。 

実は、その美しい歩き方のヒミツは“靴の選び方”にありました。履きやすい靴を選べば、自然に軽やかに歩くことをサポートしてくれるのです。しかし履きやすさだけで選んでしまうと、デザインがイマイチなんてことも……。

そこで今回はイタリア在住の筆者が、ワガママな大人女子も満足させる“デザイン性と機能性”を兼ね備えたイタリアの靴ブランドをご紹介します。

 

■美しい姿勢のヒミツは「妥協しない靴選び」にあった

イタリア人の友人に素敵なデザインの靴をほめると、必ず「しかも、履き心地が抜群なの」という返事が返ってきます。足に合わない靴を履くと“足の形まで悪くなる”と、靴選びには絶対に妥協をしません。

たしかに、どんなに美しい靴でも足に合っていなければ、ヒザや関節を痛めて歩き方がおかしくなってしまします。それでは、元も子もないですよね。

 

■デザインだけじゃない!履き心地バツグンの「イタリア靴」3つ

イタリアには、靴職人による熟練の技の歴史があります。ミケランジェロをはじめとする芸術家たちを生んだデザインの国ならではのセンスで“イタリア靴”といえば世界中で賞賛の的です。

(1)フェラガモ

大人女子なら誰もがしっている『フェラガモ』。実は、その創始者“サルヴァトーレ・フェラガモ”は、大学で解剖学を学ぶほど、“履きやすい靴”に対してこだわりを持っていました。

その情熱を現代まで守り続けている『フェラガモ』は、デザイン性、品質、縫製はもちろん最高品質。そのうえ、最高の履き心地で、エレガンスな靴の代名詞として世界中のセレブに愛されています。

(2)トッズ

イタリア職人が細部までこだわって150もの工程を経て、ひとつひとつ丁寧にハンドメイドでつくられている『トッズ』の靴。素敵なデザインと華やかな発色の最高品質の皮は“まるで手袋のように”しなやかに足にフィットします。

トッズのフラットシューズである“モカシン”や“ローファー”は、他のブランドとは一線を画す最高品質で、その履き心地の快適さはま“歩くことが楽しくなる、脱ぎたくなくなる靴”として定評があります。

(3)ジェオックス

1995年創業という比較的新しいブランドですが、スタイリッシュなデザイン性に加え、通気性に優れた高性能な靴が人気です。靴底汗や湿度を排出する穴があるので、通気性がよく靴内をドライで快適に保てます。この靴底の穴は“内部から湿度を排出して外部からの水は侵入させない”という独自の技術です。

湿度が高いうえに、頻繁に靴を脱ぎ着する機会の多い日本では最適な靴だといえます。

 

■毎日のお手入れで「長く愛用する」のがイタリア流

イタリア製の高品質の皮靴は、いつまでも長く使えます。その秘訣は、履く前にすべり止めの靴底を貼りつけ、防水スプレーで汚れを防ぐこと。

しかも、雨の日でも、革靴を履くのがイタリア人です。雨の日は家に帰ったらすぐに、そうでない日も毎日必ず寝る前にお手入れをしています。10年くらい愛用するつもりで大切に使えば、高級なイタリア靴も実は安い買い物になるんですよ。

 

最高品質の美しく履きやすい靴を選んで、気持ちよく背筋を伸ばして美しく歩いてみませんか?

【著者略歴】

KOKO ・・・大学時代に訪れたローマでイタリア料理の魅力にふれ、会社勤務ののちイタリア留学。その後イタリア人と結婚。専業主婦としてイタリア家庭料理の研鑽に励む。妊娠・出産を通し、食の大切さを再認識し、スローフードライフを実践。現在は2人の子どもの子育てを中心に、観光業、翻訳業、そしてイタリアのカルチャー、ライフスタイルについても情報発信中。

【関連記事】

※ 本場ヨーロッパ流♡鼻水、のどの痛み…「風邪のひき始め」にオススメのアロマ3選

※ あのにが~いドリンクのイメージ激変!これなら毎日飲める魔法の1杯とは? [PR]

※ その差10,000円以上!「プレゼントにお金を使う男性」は○○を持っていると判明 [PR]

※ トマトとアレも!? お酒の席で定番だけど実は「NG食べ合わせ」3パターン

※ 本場イタリアに学ぶ!冬の朝ご飯にこそ「オレンジジュース」を飲みたい理由