WWO-Woman Welleness Online-

ココが違った!夢を確実に「叶えられる人」の目標の立て方~実践編~

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

1年の目標を立ててはみるものの、すぐに計画倒れ。こんなことを毎年繰り返している人はいませんか? 「うわっ、当てはまる……」と思ったあなた、今年こそ“実現するための”目標を掲げましょう。

そこで今回は、心理カウンセラーの筆者が、実現するための“夢の育て方”をご紹介します。

 

■これはダメ!「描くべきではない」2つの夢

ただ漠然と夢を描いても全くそこへ近づくことが出来なかったり、やりたかったはずなのに自分でそれを忘れてしまった、なんていう経験をしている人も実は少なくありません。一体どんな夢がこんな悲惨な末路を迎えるのでしょう。

●現実的に実現できない

常識的に考えて、“実現不可能”な夢です。アイドルと結婚したいとか、自殺して猫に生まれ変わりたいとか、お姫様のような生活がしたいなどといった、“到底叶わない”というよりも、もはや実現不可能な夢を本当に持っている人は結構います。

もし完全に不可能ではないけれど、資格を取るだけで何年もかかってしまうなど、今の自分から遠くにあるのであれば、その途中地点を一旦中間目標としてみては? まずは、そこまでの道筋を考えてみるとよいでしょう。

●結果が他人に依存する

極端に他者の思考や行動に依存するものです。“夫が出世するのが私の夢”という人もいるかもしれません。しかし、たとえ家族であろうと、自分以外の人はあくまでも別人格です。他人の意思で決定するところに過度な期待を寄せるのは、結果的に両者が不幸になる可能性があります。

やはり他人に依存することなく、自分の人生の延長線上に道を切り開いていくようなライフプランをたてることが重要です。夫の出世を応援する気持ちは、そっと胸にしまっておくくらいがいいかもしれませんね。

上記では言及していませんが、もちろん誰かの失敗や不幸を願う夢は当然NGですよ。

 

■人生変わる!夢を叶えるための「4ステップリスト」の作り方

私がオススメしているのは、今から5年先までの夢を描いてリストをつくることです。

(1)縦軸には、家庭、趣味、健康、仕事、などの項目を記入します。

(2)その横に、1年毎に“こんな風になっていたらいいな”と思うことを自由に書き込んでいきます。

(3)(2)まで完成したら、今度は1年分の夢を“今年の12ヶ月分”に振り分け落とし込みます。

(4)さらに、月毎に入れた項目の実現のためには、週毎に何をやるべきか考えて、その月の予定表に書き込んでおきましょう。

大切なのはワクワクしながらやること。「こんなことで?」と思うかもしれませんが、夢が次第に視覚化、具体化され、徐々にイメージも膨らんできます。これこそ、まさに夢が自分に近づいて来ているということなのです。

ちなみに最近は、目標達成のための本やスケジュール帳などが売られています。そういうものを活用しながら、自分流のやり方を見つけていくといいと思います。

 

いかがでしたか。筆者はこれまでこの方法で、普通に考えて到底自分には叶うはずもないと思える夢をいくつも実現してきました。

無駄にしていい時間なんてありません。はたから見れば意味が無いような行動だって、自分の中ではしっかり目指す方向へのルートが見えているのです。そうすればたとえ人から批判を受けようと、関係ないと思えるのです。

“夢が持てないと言われる時代”ですが、ゴールを見据えて凛として生きて行こうではありませんか。

【著者略歴】

波登かおり・・・チャージアップ代表・心理カウンセラー 1999年資格取得後事務所設立。後に波登カウンセリング学院・有限会社チャージアップ設立。2004年『チャージ療法』『チャージング』を発案、商標登録。『自己肯定観、人間関係プログラム』を確立。後にカウンセラー養成や派遣業務を経て、現在は個人事業として活動中。講演・執筆を通し「自分の元気の作り方」を提案している。講演は民間企業を始め、経済産業省、国土交通省、全国の商工会、大学や保育園など。著書に『ココロ磨き』ポプラ社、『1分間元気チャージ』幻冬舎。

【画像】

※ GaudiLab / shutterstock

【関連記事】

※ アナタの人生に「マイナスな人」「プラスな人」、境界線ココにあり!

【人生変わる】キラキラ女子と幸薄女子、決定的違いは「思考クセ」にあった!

※ 心理カウンセラーが教える、オトナ女子が「夢を現実にする」3つの方法♡

※ 驚愕の結果が!あの「お掃除ロボット」を編集部で試してみました♪ [PR]

※ こんなハズじゃなかった…!ワーママの「壮絶な食卓リアル事情」とは [PR]