WWO-Woman Welleness Online-

そうだったんだ…♡男が「本命だけにしかしない」意外なコト3つ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

男女の愛情表現は“真逆”といっていいほど違います。よかれと思ってやっていることがまったく通用しないのはそのためです。とはいえ、“好きな相手が、自分をどう思っているのか”は、やはり気になるところ。

しかし、不安ばかり感じて結局自ら恋愛を壊してしまうのでは、とってももったいないですよね? 男女の性質の違いを理解し「これが愛情表現だったんだ」と気づくだけで、お互いのすれ違いや誤解をなくしていくことができます。

そこで今回は、数多くの女性の恋愛の悩みを解決してきた筆者が、女性が気づいていない男性が“好きな女性だけにしかしないこと”をご紹介します。

 

■1:「楽しいのかな?」と機嫌を気にする

男性は、好きな女性の“機嫌”だけを気にしています。あれこれちょっかいを出してきたり、口を出したりするのはそのためです。“機嫌を気にする”とは、楽しいのか、嬉しいのか、悲しいのか、幸せなのか……など、好きな女性が今どんな気持ちなのかをずっと気にしているということです。

昔は、女性が世話を焼いたり、尽くしたりすることで、男性は愛情を感じているとされていました。今の世はそれが逆転しているとイメージしてみるとわかりやすいかもしれません。

どんな男性も、好きな女性の望みや願望を叶えてあげたいと思っています。遠慮せずに自分の望みを話すと、驚くほど素直に叶えてくれますよ。

 

■2:言葉ではなく「行動」にでる

男性の愛情は必ず“行動”に出ます。口では優しいことや調子のいいことを言っていても、行動にうつっていない場合は要注意。「好きだ」と言うのに付き合うなどの行動を起こさなかったり、「大事だ」と言うのに雑な扱いをするということは本当に愛しているわけではないという証拠です。

「私のことをどう思っているんだろう?」と迷ったら、彼や旦那さんの言葉ではなく“行動”に注目してみましょう。好きだとは言葉にしなくても何かあったとき飛んできてくれるなら、それは男性のあなたに対する愛情表現です。

 

■3:喜んでほしいから…とにかく「尽くす」

基本的に男性はそんなに複雑にはできていません。シンプルに“好きになった女性を自分のチカラで幸せにしている”という実感がほしいだけです。

自分のしたことによって、女性が助かったり、喜んだり、楽しんでいたり、幸せそうにしているのを見ることで満たされるという性質なのです。

裏を返せば、そんな風に感じさせてくれる女性にこそ、どんどん愛情を感じていきます。つまり、男性が女性に対して尽くせば尽くすほど、その女性を好きになるということです。

 

いかかでしたか? まずは、女性のあなたが尽くすことをやめて、男性からの愛情の受け取り上手を目指してみましょう。好きな女性には“笑顔で幸せでいてほしい”男性の願いはそれだけなのですから。

【著者略歴】

広中裕介・・・恋愛の学校『Love Academy』代表ゆ~すけ。恋愛に対する考えを通して今までの自分を見つめなおせる恋愛の学校。独特の恋愛観から悩みの核心をつく講座・セミナーを全国で展開中。

【画像】

※ AnirutKhattirat / shutterstock

【関連記事】

※ そうだったんだ…♡勘違いしがちだけど「実は優しさに溢れている」男性の3つの行動

※ 逆効果だった!男性が「正直、迷惑…」と感じているコトって?

※ なんでそんなコト言うの!? 女が理解しづらい「オトコの3つの言動」真意が判明

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]

※ プロが絶賛!大人の乾燥肌にピッタリの「節制美スキンケア」とは [PR]