専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Health > 1つでも当てはまれば危険!「大腸がんリスクが高まる」NG習慣3つ

1つでも当てはまれば危険!「大腸がんリスクが高まる」NG習慣3つ

http://www.shutterstock.com/

2015年は元プロレスラーでタレントの北斗晶さんが乳がんであることを公表し、乳がんに注目が集まりました。しかし、女性のがんによる死亡率を見てみると、実は“大腸がん”の死亡率の方が高いことをご存知ですか?

がんの原因は遺伝によるものと生活習慣によるものがあると言われておりますが、生活習慣を見直すことならば誰にでもできるはず。

そこで今回は、予防医療推進協会の理事長である筆者が、女性がついやりがちだけど“大腸がんのリスクを高めてしまう”生活習慣をご紹介します。

 

■1:食事制限によるダイエット

ダイエットの本来の意味は健康増進や治療を目的とした食事療法のことですが、日本では“減量”を指しますよね。
男性に比べて女性の方が、運動は苦手もしくは億劫だからと食事の量やカロリーを気にしたり、ダイエットに効果があると話題の食材に飛びついたりと、とにかく体重という“目先の数値”に重きをおく傾向が強くみられます。

しかし、年中食事制限をしていたら、十分な便をつくるために必要な量の食事がとれないのはもちろんのこと、水溶性食物繊維や不溶性食物繊維のバランスが取れず、慢性的な便秘になってしまいます。すると、大腸に便が長く留まり、老廃物や毒素を含んだ便と腸の内壁との接触時間が長くなってしまうため、 大腸がんのリスクが高まってしまうのです。

 

■2:やりすぎ紫外線対策

日焼けやシミの原因として嫌われる紫外線B波。日焼けを防ぐためにSPF数値の高い日焼け止めを繰り返し使っている方も多いでしょう。しかし、やりすぎには注意が必要。
皮膚が紫外線B波を浴びると体内では“ビタミンD”が合成されます。国立がん研究センターの『多目的コホート研究』によると、ビタミンDとカルシウムを多く摂取している群は“大腸がん”のリスクを下げると言う報告があります。

ビタミンDの血中濃度低下のみでがんが引き起こされるということはないようですが、“過度に”紫外線を避けすぎると思わぬリスクを伴ってしまう可能性があるのです。
ただ、美肌のためとはいえ、“過度に”紫外線を避けすぎると思わぬリスクを伴ってしまう可能性があるのです。

 

■3:検診を受けない・病院に行かない

正社員として働いている場合に比べて、専業主婦や短時間のパート、派遣といった働き方をしている女性の健康診断の受診率は非常に低いのが現状です。

それに加えて、大腸がんの症状はひどくなると下血や血便といった症状が現れますが、早期では下痢と便秘の繰り返し、残便感、細い便、お腹の張り、腹痛、貧血、原因不明の体重減少といった“病院に行く程ではない”と考えてしまいがちなものが多いのです。

また、ひとつひとつの症状だけを見ると、食事に気をつけたり、サプリを飲んだりすれば改善されそうだと思ってしまいがちですが、結局のところ受診をしないことによって女性の大腸がんの死亡率を高めている大きな要因だともいわれています。

 

いかがでしたか? 便という漢字は訓読みすると“たより”。便は体からのメッセージを伝える大切な“便り”だと思って、早めの受診を心掛けましょう。

【参考】
※ Dietary calcium, vitamin D, and the risk of colorectal cancer. (2008)- Am J Clin Nutr.

知っておきたいがん検診 – 日本医師会

『多目的コホート研究』 – 国立がん研究センター

【監修者略歴】

※ 川上智史 ・・・ 医学博士。主に予防医学を専門とし、各種教育機関で基礎医学について講義を行う他、一般向けに予防医学に関する講演を行うなど、予防の重要性を啓発し続けている。また、アンチエイジングアドバイザー、メディカルアドバイザーとして医学的に“美と健康”を追求し、コメンテーターとしても幅広く活動。

【筆者略歴】

SAYURI・・・長年の医療業界での経験を生かし、健康管理士、食育インストラクター、心理カウンセラーとして執筆活動や講演活動をする傍らNPO法人予防医療推進協会の理事長も務める。

【画像】

※ Magdanatka / shutterstock

【関連記事】タイアップ誘導バナー②

タイアップ誘導バナー①

※ 1つでも当てはまればアウト!どんどん「腸が老けるNG習慣」3つ

※ ヨーグルトじゃダメ!? 腸がみるみる若返る「日本人向け菌活」3つ

※ コーヒーブレイクで腸が老ける!? 定番だけど実は「NG食べ合わせ」3つ

 

ライト顕在層_抵抗力訴求_実績データ[1]

佐々木 さゆり
健康管理士/心理カウンセラーなど
長年の医療業界での経験や40㎏減量の体験を生かし、延べ3万人を超える人の心と体の健康に携わる。総合栄養学・身体機能等を学べる「予防医療指導士」のテキスト監修者でもある。著書は「本当は怖いデスクワーク」
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる