WWO-Woman Welleness Online-

逆効果だった!? 男性が「どんどん離れていく」オンナの言葉3つ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

いい男性が離れていく、もしくはダメ男になっていく女性の言葉には、ある共通点があります。

心配から出た言葉なのか? 信頼から出た言葉なのか? 普段何も気づいていないような男性であっても、その違いは敏感に感じとっています。よかれと思って言えば言うほどドツボにはまっていく……そんな言葉をあなたも好きな男性に発しているかもしれません。

そこで今回は、数多くの女性の悩みを解決してきた筆者が、言えば言うほど“男性が離れていく言葉”についてご紹介します。

気持ちとは裏腹にすれ違いが起きるのはとても悲しいこと。そんな男女の勘違いを紐といていきましょう。

 

■1:男性の言動や行動に対する「なんで?」

あなたは男性に「なんで?」と詰め寄っていないでしょうか?

・「なんで?」そんなこと言うの?

・「なんで?」そうするの?したの?

・「なんで?」こうしてくれないの?などなど

「これの何がいけないの?」と女性は感じるかもしれませんが、男性は女性からの「なんで?」が嫌いです。

さらに女性は好きな男性ほど詰め寄る傾向がありますが、出会いやお付き合いが始まっても「なんで?」を連発していては相手の男性のプライドを無意識に逆撫でします。

もちろん自分のことを聞くのは構いません。例えば「なんで私の仕事最近うまくいかないのかな?」というのは男性の言動や行動についての「なんで?」ではないので大丈夫です。

疑問に思ったことや聞きたいことがあれば使ってもいいですが、連発するのは避けてみましょう。あなたが男性の言動や行動に「なんで?」と言わないだけで、相手が「信頼してくれているんだな」と感じる機会が増えてくるでしょう。

 

■2:ネガティブな言葉「だけ」伝える

男性は、好きな女性や付き合っている女性の“幸、不幸”は自分の責任だと捉える性質があります。例えばあなたが腰が痛い場合、痛い痛いと言っている“だけ”では段々イライラしてきます。なぜなら勝手に自分の“せい”で痛いのだと捉え、責められているように感じるからです。

男性はその“続き”や“具体的にどうしてほしいのか?”がほしいのです。上記の例で言うと「腰が痛いからちょっとさすってほしい」や腰が痛いから「ちょっとテンション低いけど気にしないで」などと伝えておくと男性はとっても優しくなります。極端に言うと、そんなあなたに愛しさすら感じていくでしょう。

また理由もなくイライラしてしまうことはありませんか? そんな時でも「わたし今怒ってるからちょっと怒らせておいて」や「なんかイライラするから甘いもの食べたい」などネガティブな発言だけでなくその“続き”や“具体的にどうしてほしいのか?”も一緒に言葉にしてみましょう。

ネガティブな言葉は悪いものではなく我慢したり抑えなくて大丈夫です。ただそれ“だけにならないように気をつけてみましょう。驚くほど男性が優しくなってきますよ。

 

■3:仕事が忙しい男性に「大丈夫?」

女性は“心配”が愛情表現になってしまいがちですが、基本的に男性に対して心配は無用です。 相手が忙しい、頑張っているということをアピールしてきた時も同様で、「大丈夫?」ではなく「頑張ってね」「応援してる」などと言葉にしてみましょう。そんな時も上記のように「続き」を伝えるチャンスでもあります。

・頑張ってね!落ち着いたら旅行連れてってね

・応援してる〜今度おいしいご飯つくるね〜(つくってあげようか?)など

参考にしてみてください。

 

いかがでしたか? 信頼に基づいて男性に言葉をかけると面白いほど相手の行動が変化していきます。自然にできるようになってくれば、あなたの言葉がすれ違いを生むことも激減すると思います。

最初はついつい“男性が離れる言葉”を使ってしまうこともあるかもしれませんが、少しずつ意識して変えてみてくださいね。そんなあなたを愛おしく思い、優しく接してくれるようになってきますよ。

【著者略歴】

広中裕介・・・恋愛の学校『Love Academy』代表ゆ~すけ。恋愛に対する考えを通して今までの自分を見つめなおせる恋愛の学校。独特の恋愛観から悩みの核心をつく講座・セミナーを全国で展開中。

【画像】

※ wavebreakmedia / shutterstock

【関連記事】

※ アナタはいくつ当てはまる?「必ず恋がうまくいく」女性の共通点3つ

※ オンナの勘違いだった!男性が不機嫌になる「たった1つの理由」って?

※ そうだったんだ…♡男が「本命だけにしかしない」意外なコト3つ

※ プロが絶賛!大人の乾燥肌にピッタリの「節制美スキンケア」とは [PR]

※ 1日続く若さをつくる!「最強うるハリ肌」になれる方法って [PR]