WWO-Woman Welleness Online-

「好きじゃない人に好かれる」は恋の予感!愛される女性の最大の特徴は

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

「恋愛対象じゃない人には好かれるのですが、好きな人から好かれないんです」

こうお話される女性はとても多いです。愛してほしい人には愛されず、そうではない男性から愛されてもまったく嬉しくない……。そんな気持ちは痛いほどわかるのですが、それってそんなに悪いことでしょうか?

好かれるために頑張り続けて、あなたの恋愛はうまくいったでしょうか?

そういう時は、愛“される”のではなく愛“する”ことを頑張り過ぎているということ。もっとチカラを抜いて恋愛を楽しんでいいんだよというサインのようなものです。

そこで今回は、数多くの女性のお悩みを解決してきた筆者が、「好かれたい男性には好かれない」女性に向けて知っておいてほしいことについてお話しします。

 

■自分らしく生きるようになるとモテはじめる!

物事には段階があります。恋愛対象でない男性からモテはじめることは、実はそんなに嘆くほどの問題ではありません。

注目すべきは「頑張ってないのに愛されている」というところです。興味がない男性なので、あなたは「好かれよう」としたりとか「愛されよう」と自分を偽っていないはずです。怒りたい時に怒って、言いたいことも言えているのではないでしょうか?

これは、モテはじめの特徴でもあるのです。段階的には以下のような段階があると覚えておいてください。

(1)まったく恋愛がうまくいかなかった段階

(2)自分らしく生きるようになると、最初は「モテなくていい人」にモテ出します

(3)「モテなくていい人」には相変わらずモテたまま、少しずつ好きになった人ともうまくいくようになってきます。

(4)「モテなくていい人」にモテなくなってきます。そして好きになった人との恋愛がどんどん進み始めます。

 

■途中からまた頑張りだしてしまうのでうまくいかない!

ほとんどの人が(2)か(3)の段階で、好きな人に「好かれること」「愛されること」を頑張りだしてしまいます。そうすればするほど、恋愛対象ではない人には余計に好かれ、好かれたい人には好かれないというところから抜けられません。

では一体どうすればいいのでしょうか? それはズバリ、恋愛対象じゃない人の前にいる自分と好かれたい男性の前でいる自分が“逆”だということです。

要するに「好かれよう」としたりとか「愛されよう」としてないことが一番あなたがあなたらしくモテる状態なのです。

 

■恋愛は足し算ではなく引き算でうまくいく!

まず取り組んでみてほしいことは、恋愛対象じゃないのに好かれる男性の前で「していないこと」は何か、自分自身を観察してみてください。

無理に笑っていない、無理にわかったふりをしていない、無理に盛り上げていない、無理に楽しそうにしていない、無理にテンションあげていない、無理に話そうとしていない、などいくつか思い当たるのではないでしょうか?

好かれたい男性の前でも、そのようにふるまえればいいのです。とはいっても、いきなり好きな男性に対して引き算するのは中々大変だと思うので、日常の人間関係からお試しください。

「好かれたい男性」の前でそういうことをすると、慣れていない人はとても心がざわざわすると思います。ですが、そのままそのざわざわを感じてみるのがポイントです。

感じきるとそれらは抜けていって普通のことになってきます。もちろんまた引き算できなかったと自分を責めることもしなくていいです。少しずつ慣れていきましょう。

 

自分の行動から「愛することを頑張る」のを少しずつ引いていくと、他人からの愛情にたくさん気づいていきます。あなたはそんなに好かれよう、愛されようと頑張らなくても好かれる存在です。チカラを抜いて恋愛を楽しんでみてくださいね。

恋愛は足し算ではなく引き算でうまくいく! あなたが引き算したところに男性の愛情が入り込んでくると覚えておきましょう。

【著者略歴】

広中裕介・・・恋愛の学校『Love Academy』代表ゆ~すけ。恋愛に対する考えを通して今までの自分を見つめなおせる恋愛の学校。独特の恋愛観から悩みの核心をつく講座・セミナーを全国で展開中。

【画像】

※ beeboys / Shutterstock

【関連記事】

※ アナタはいくつ当てはまる?「必ず恋がうまくいく」女性の共通点3つ

※ オンナの勘違いだった!男性が不機嫌になる「たった1つの理由」って?

※ そうだったんだ…♡男が「本命だけにしかしない」意外なコト3つ

※ 結局、「●と顔」ですから!オトコが最重視している女のパーツが判明[PR]

※ その差10,000円以上!「プレゼントにお金を使う男性」は○○を持っていると判明 [PR]