WWO-Woman Welleness Online-

シャンプー買うならココを見て!うるツヤ髪を「台無しにする成分」とは

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

シャンプーは値段も種類も様々。選び方が分からず適当に選んで後悔した経験がある方もいるのでは? また、裏の成分表を見ても呪文のように成分が書かれていて、「結局、何が違うの?」と疑問に思っている方も多いかもしれません。

そこで今回は、美容師の筆者が、そんなシャンプー難民のあなたに“うるツヤ髪を台無しにする成分”をご紹介します。

 

■成分は入っている量が多い順に表示されている

シャンプーは色々な原料を組み合わせて作らています。現在は、使用している全ての成分を表示するように義務付けられているため、後ろのパッケージを見ればそのシャンプーが何から作られているかが分かります。シャンプーの成分表成分はシャンプーの中に入ってる量が多い順に表示されます。多くのシャンプーは水分が一番多く含まれ、その次に多いのが“界面活性剤”。これはシャンプーの良し悪しを左右する“洗浄成分”です。

 

■避けたほうが良い洗浄成分とは?

まず一番覚えておいてほしいのが、ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなど“ラウリル”と“硫酸”がつく洗浄成分。この成分を避けることで悪いシャンプーを避けることができます。

 これらの成分は洗浄力が強すぎるため、必要な油分までそぎ落としてしまい頭皮や髪そのものに影響を及ぼすことも。また、皮膚にも残りやすいことも頭皮を傷めてしまう原因に。カラーの色あせやパーマのダレにもつながります。

 

■やっぱり良いシャンプーは値段が高い!?

自分でシャンプー選びをする時に一番失敗しない方法が、高いシャンプーを買うことです。これを言っては元も子もありませんが、高いシャンプーにはそれなりの理由があります。

高品質な成分を使えば使うほど原材料は高価になります。さらに保湿成分も配合するとなるとおのずと価格は高くなってしまうのです。

 

とはいえ、全ての人に合うシャンプーなどこの世には存在しません。人それぞれ性格が違うように髪質も全く違います。あなたに合ったシャンプー選びには、あなたの髪を知り尽くした美容師の存在が欠かせません。ぜひ相談してみてくださいね。

【著者略歴】

小泉順一朗・・・ 美容師。都内美容室勤務を経験後、22歳で40年の歴史を持つ美容室を引き継ぎ『Total beauty kawada 川田美容室』を設立。数々のコンテストで県優勝、全日本選手権では入賞経験をもち、現在も全国を飛び回り日々レベルアップに務めている。お 客様が美容室・ヘアスタイルが楽しくなるサロン作りをコンセプトとしており、ブログLINEなどでも日々のケアなどを発信、アフターフォーローにも務め ている。

【画像】

※ Alena Ozerova/ shutterstock

【関連記事】

※ 美容師が厳選!大人女子のツヤ髪を叶える「本気シャンプー」4選

※ 美容師が教える!スキル別「ヘアアイロンの適正温度」とは

※ 逆効果だった!やりがちだけど「髪がぺったんこになる」NGヘアケア4つ

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]

※ プロが絶賛!大人の乾燥肌にピッタリの「節制美スキンケア」とは [PR]