WWO-Woman Welleness Online-

ピザなのにヘルシー!? ローマで大人気もちもち「ピンサ」が気になる♡

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

ヘルシーでおいしいと本場イタリアで人気の“ピンサ”。昨年東京にもピンサを楽しめるお店がオープンしました。名前も見た目もピザに似ていますが、より軽くて消化のいいピンサは、新しいヘルシーフードとして注目されています。

そこで今回は、イタリア在住の筆者が、日本初上陸の一風変わったヘルシーフード“ピンサ”の魅力をご紹介します。

 

■そもそも「ピンサ」って何?見た目はピザのようですが実はピンサはピザより歴史が古く、その起源は古代ローマの時代にまで遡ります。当時のローマ近郊の農民が、小麦粉にアワや麦などの雑穀を混ぜ合わせてつくっていた一種のパンのようなものがルーツです。平たく伸ばして焼いたピンサをお皿のようにして使い、上におかずをのせて食べていたそう。

その後は、“小麦粉だけ”を生地の材料としたピザがイタリアを代表とする食べものになり、ピンサはすっかり忘れ去られていました。ところが、ローマの古くから続くパン屋さんが、ピザのさらなる美味しさを探して研究に研究を重ねた結果、現代風にピンサがよみがえりました。

 

■米粉と大豆粉でもっちり美味しい!ピンサピザとの徹底的な違いは、小麦粉だけではなく“米粉”と“大豆粉”がミックスされたピンサの生地にあります。

米粉が加わることによって柔らかでもっちりとした食感、大豆粉の植物性脂肪分がしっかりとした食感をつくりだしてくれます。ヘルシーフードとしてすっかり定着している米と大豆が入っているなんて、日本食のようですね。

また、粉に対して水分を75%も加え約2日間もかけてじっくり長期発酵させているため、消化が良くて胃に優しい軽い生地に仕上がっています。

 

■東京でも食べられるピンサ
ピンサピンサもピザと同じように、生地の上に新鮮なイタリアン食材をのせて焼き上げます。モッツアレッラをはじめとするチーズ類や生ハム、そしておなじみのトマト、ズッキーニ、ジャンボピーマン、きのこなどの野菜が色とりどりにのっているさまは、見てるだけでも楽しいもの。野菜とチーズだけのトッピングを選べば、ヘルシーだけどボリュームもたっぷりで十分満足できるおいしさです。

 

現在イタリアローマだけではなく、世界12カ国以上で食べることのできるピンサ。東京にも現在2店舗ピンサを楽しめるお店があります。あなたも新しいヘルシーフードを試してみませんか?

【参考】

PINSA DE ROMA(ピンサ・デ・ローマ) 

Trattoria Pizzeria Bar KaBrio(トラットリア ・ピッツェリア・ バール・ カブリオ)

【著者略歴】

KOKO ・・・大学時代に訪れたローマでイタリア料理の魅力にふれ、会社勤務ののちイタリア留学。その後イタリア人と結婚。専業主婦としてイタリア家庭料理の研鑽に励む。妊娠・出産を通し、食の大切さを再認識し、スローフードライフを実践。現在は2人の子どもの子育てを中心に、観光業、翻訳業、そしてイタリアのカルチャー、ライフスタイルについても情報発信中。

【画像】

※ Vankad / shutterstock

【関連記事】

※ トマトとアレも!? お酒の席で定番だけど実は「NG食べ合わせ」3パターン

※ ローラも愛食!イタリアで大人気の「ゼンパスタ」がミラクルフードな理由

※ ヨーグルトじゃダメ!? 腸がみるみる若返る「日本人向け菌活」3つ

※ 元ミスインターナショナル絶賛!「失敗できない人」のダイエット法って [PR]

※ 嘘みたいにスッキリ!「乳酸菌よりビフィズス菌」でアナタの腸が変わる [PR]