WWO-Woman Welleness Online-

美肌への近道はコレ!「ホルモン周期に合わせた」スキンケア2選

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

女性はホルモンの影響によって体調や肌が大きく変化します。人によっては寝込んでしまうほどの体調不良やひどい肌荒れに悩まされることも。

女性ホルモンの周期は、月経期・卵胞期・排卵期・黄体期の4つに分かれていますが、なかでも月経期や生理前の黄体期の肌状態は特にデリケート。この時期に肌トラブルを訴える人が多いのも事実です。

そこで今回は、メイクアップアーティストの筆者が、デリケートな時期にオススメしたいスキンケアをご紹介します。

 

■月経期は「バリア機能」が低下しやすい

月経期は肌状態も不安定になる非常にデリケートな時期です。そのため、普段使っていたスキンケアでも肌に合わずヒリつきやかゆみを起こしてしまうことも。

肌が敏感になっているときこそ、低刺激だけど肌の基礎力をアップしてあげるようなスキンケアが向いています。バリア機能が低下していることで水分が逃げやすい状態になるため、セラミドを補い肌のバリア機能の回復に努めることが大切です。

●ディセンシア アヤナス RC ローション ¥4,500(税抜)

アナヤスRCローション

http://www.decencia.co.jp/

敏感肌・乾燥肌のスキンケアブランドとも呼ばれるディセンシアは、低刺激にもかかわらず保水機能を強化し水分飛散を防ぎながら美肌をキープする力に優れています。

特に、エイジングラインとして出ているアヤナスシリーズは、ナノサイズのヒト型セラミドを配合しているため、高い保湿力を持っています。肌の水分保持機能をアップさせることはバリア機能回復にもつながるため、このような敏感な肌状態に必要不可欠といえるでしょう。

 

■黄体期は「吹き出物」が出やすくなる

生理前、なぜだか増える吹き出物。それまでは美肌をキープしていたのに、生理がくることを予告するかのように現れますよね。

これは皮脂分泌が過剰になっているから。洗顔料でキレイに洗い上げたあとは、さっぱりタイプのニキビ用スキンケアがよいでしょう。

しかし、ベタつきを気にして神経質に洗いすぎてしまうと、今度は肌が乾燥に傾いてしまうため過度な洗顔は控えましょう。

●聖コスメティックス 聖 モイスチャーローション ¥4,800(税抜)

seicosmetics

http://seicosmetics.co.jp/

知る人ぞ知る『聖 モイスチャー ローション』。筆者は吹き出物が出てしまったときには、こちらの化粧水に切り替えることにしています。

さらっとしたテクスチャーですが、高分子ヒアルロン酸配合で保湿力はしっかりキープ。また、乳酸菌培養物が配合されていることにより、抗炎症作用や免疫強化作用が期待できるそう。皮膚科医やエステティシャンなどの“肌のプロ”にも愛用されている本格派な一本です。

 

ホルモンの周期によって肌状態は変わります。その信号をいち早く察知して、その時々に合ったスキンケアを施すのがベターです。自分に合った1本を見つけて、ホルモンバランスに負けない美肌をつくりあげましょう!

【参考】

※ アヤナス RC ローション – ディセンシア

※ 聖 モイスチャーローション – 聖コスメティックス

基礎体温でわかる、美肌リズム – テルモ基礎体温で体と話そう

【著者略歴】

※ 黒木絵里・・・東京モード学園メイクヘア学科卒業後、外資系化粧品メーカーBOBBI BROWN、smashbox cosmeticsの2社を経験。専門学校在学中に取得した専修学校准教員認定資格を活かし、現在は「Eri Kuroki Make-up solution」の代表として、一般の方向けのメイクレッスンや、美容師のメイクスキル向上のための人材育成を行っている。また、化粧品の監修を行うなど、製品開発の分野にも力を注いでいる。ブログホームページでイベントなどの情報を発信している。また、noteでは、ブログとは少し変わった観点から、切り込んだ世界観の文章を展開している。

【画像】

※ Juta / Shutterstock

【関連記事】

※ プロが選んだのはコレ!大人女子の「もっちり♡スペシャル化粧水」3選

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]

※ プロが絶賛!大人の乾燥肌にピッタリの「節制美スキンケア」とは [PR]

※ 逆効果だった!乾燥肌を悪化させるNGスキンケア

※ プロが伝授!「夜まで美人をキープする」ベースメイク術♡