WWO-Woman Welleness Online-

慢性的な肩コリにも!たった5秒の「若返りストレッチ」がスゴイ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

疲労が溜まると背中が丸くなりがちですが、すると同時に顔周りもどんよりと暗く見えてしまいます。年齢は“背中”にあわれるのです。逆にいえば、若々しく美しさを保つ秘訣は、美しい背中をつくることともいえます。

そこで今回は、姿勢調律師の筆者が、たった5秒で美しい背中をつくる“若返りストレッチ”をご紹介します。 

 

■老けて見える!? 「丸い背中」が引き起こすコト3つ

(1)「慢性肩コリ」になってしまう

背中が丸まっているだけで、慢性的な肩コリとなってしまいます。特にデスクワークをする方は、知らず知らずのうちにどんどん前のめり姿勢になっているなんてことありませんか? すると、肩周りから首筋にかけての筋肉はどんどん凝り固まってしまうのです。

(2)集中力が切れる!?

猫背姿勢になると横隔膜が開かず、呼吸が浅くなってしまいます。酸素は私たちが元気に生きるための要ですが、呼吸が浅くなると酸素不足となり集中力が低下してしまうのです。「疲れたなあ」というときほど深呼吸を心がけましょう。

(3)見た目印象が台無し

どんなに着飾っても、猫背姿勢になるだけで残念な見た目になってしまいます。自信がないように見えて、顔も暗くなりがちに。猫背が慢性化すると、顔からデコルテにかけてのシワも寄りやすくなります。老け顔印象になってしまいますので要注意!

 

■超簡単!たった5秒の若返りストレッチ

(1)両手を背中で組みましょう。立っていているときでも、オフィスなどで座っているときでも可能です。ストレッチ

(2)両手をぐっと下方向へ引っぱりそのまま5秒数えます。呼吸は鼻から息を吸って、口から吐くのがポイントです。胸を引き上げるイメージで行うことでバストアップ効果も期待できます。

指先を下方向へ向けることで、しっかりと肩甲骨が寄り横隔膜が開きます。そうすることで、呼吸も沢山入り集中力も増しますよ。もちろん背中の余計な贅肉も代謝が上がることで減っていきます。

疲れたときにやってみましょう。夜は体のリセットとして3回行うと効果的です。

 

見た目は全体の雰囲気からスタートです。まずは、姿勢を美しくさせること。たったそれだけで自信もついて、―3歳若返りも夢じゃない!

【著者略歴】

野口早苗・・・3歳からのダンス経験を生かし、ニューヨーク、国内にてプロダンサーとして活躍後、ピラティス、オステオパシーを学び、姿勢調律士として活 動を始める。青山sanareサロンの代表を勤め、アーティスト、モデル、スポーツ選手など著名人から一般の方まで幅広く支持を受ける。

「正しい姿勢」が自らの身体、メンタルを整える方法として役立つことを痛感し、姿勢の研究を行い、(社)日本姿勢調律協会を立ち上げる。協会では「L で座ってIで立つ•Aウォーキング」をキャッチコピーとして姿勢指導を行う他、「心×技×体」の教えを元に、痛みのケア方法やメンタルコーチングも行う。 講師養成と共に子供の健やかな成長へのサポート、高齢者のケアなど幅広く活動を広げる。

【画像】

※ Viktoria Gavrilina / Shutterstock

【関連記事】

※ スッキリ下半身にはコレ!みるみる痩せる「究極の歩き方」とは

※ みるみる「プヨ肉が引き締まる」1分間のバレエポーズエクサ♡

※ 1日5回でくびれ美人♡ポッコリお腹を引き締める「ねじねじエクサ」

※ 嘘みたいにスッキリ!「乳酸菌よりビフィズス菌」でアナタの腸が変わる [PR]

※ 元ミスインターナショナル絶賛!「失敗できない人」のダイエット法って [PR]