WWO-Woman Welleness Online-

爪にカビ!? 皮膚疾患にもなりうる「グリーンネイル」に要注意

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

もうすぐ春! そろそろネイルにもパステルカラーやヌーディーカラー、クリア系を取り入れていきたいところですよね。けれど、暖かくなって湿度も徐々に上がってくる季節の変わり目には、ちょっと注意が必要です。

「ネイルと季節の変わり目に、何の関係が?」と思った方も多いかもしれません。実は浮いたジェルネイルや割れた爪を放置すると、見た目が美しくないだけではなく重大なトラブルにつながる可能性が……! 

そこで今回は、ビューティースペシャリストであり代官山のネイルサロンオーナーである筆者が、ネイルを楽しむ大人のための“たしなみ”をご紹介します。セルフネイルをしている方も要チェックですよ!

 

■今すぐやめて!「浮いたジェルを放置」はすごく危険

爪をオシャレに飾るマニキュアやジェルネイル。セルフネイルをされる方も最近は増えているようですね。しかし、忙しさに追われジェルが少し浮いてきても放置したり、割れた爪を隠すために無理やりマニキュアやジェルでごまかしたりしていませんか?

実はそれ、かなり危険なんです! そのままの状態で放っておくと気付いた時にはもう手遅れとなり、「爪が緑色に!」なんてことにもなりかねません。

 

■緑色の爪…正体はカビ!?

緑色の爪の正体は“爪カビ”まはた“緑膿菌”という常在細菌の一種。“グリーンネイル”と呼ばれています。浮いたジェルや割れた爪の隙間は湿った状態になりやすくなるため、雑菌が繁殖しやすい環境となってしまうのです。

特に、免疫力が低下しやすい季節の変わり目には、他の常在菌にも影響を及ぼし別の皮膚疾患にも発展してしまう可能性が……!

 

■入浴後も!爪カビを防ぐのはやっぱり「水分OFF」

グリーンネイルにならないためには、やはり爪を清潔に保つことが大切です! 水仕事が多い方はもちろん、手洗いや入浴の後に手の水分をしっかりと拭き取り、除菌作用のある保湿ジェルやクリームを塗ることを心がけましょう。

もし浮いたジェルや二枚爪、爪割れなど爪トラブルを発見したら絶対に放置せず、ネイルサロンやケアサロンで適切な処理を行ってください。グリーンネイルになってしまったら、早急に皮膚科で受診することをオススメします。

 

新しい出会いの季節はもう目の前! 大人女子ならネイルで飾るだけではなく“清潔な手元”でステキな春を迎えたいですね!

【著者略歴】

加茂 基香・・・MAGNIFIQUE株式会社代表代官山サロン&セレクトショップgiraffe TOKYOオーナー。ビューティーアドバイザーとして女性のキレイ・ウェルネス・スポーツ・ライフスタイルのプロデュース及びディレクターとして活躍。プライベートでは日本舞踊やトライアスロンなどアクティブな生活を送り、キレイと健康の体現を実行している。

【画像】

※ Rido / shutterstock

【関連記事】

※ ヒビ割れ、ささくれ、二枚爪…女度ダウンの「指先トラブル」原因はコレ

※ プロが絶賛!大人の乾燥肌にピッタリの「節制美スキンケア」とは [PR]

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]

※ 化粧水タップリはNG!? どんどん老け肌になる「嘘のスキンケア」3つ

※ 【代官山サロン発!】モヘア、3D…2016年トレンドネイル6選、一挙公開!