Kirei Style(キレイスタイル)

上質な光沢感と品格、日本の美「漆」を暮らしに取り入れる

漆器は、英語でJAPANと称されるように、日本美を象徴する工芸品。輝きを放つのではなく輝きを内包した光沢感が、器に上質さや品格をまとわせている気がします。

江戸初期までは貴族や大名の道具であった漆器ですが、江戸時代中期には一般市民にも普及。各藩では、漆工芸を奨励。江戸以前より産地だった、輪島、山中、越前、飛騨、会津などは、より漆工芸が盛んになります。

日本橋のたもとにある「黒江屋」は、元禄二(1689)年に創業の漆器店。徳川家や諸大名の御用達だったという黒江屋では、数百万は下らない蒔絵の文箱や作家ものの茶道具を見ることができます。とはいえ店内にならぶ漆器の多くは、今の暮らしに気軽に取り入れられるもの。普段使いの漆器を提案する老舗「黒江屋」にて漆器の良さや選び方を教えていただきました。

特別な日やお祝いごとに使われる蒔絵が描かれた漆器。

まず器の生地には、木製木粉樹脂製があります。丈夫なうえに厚みがあるので修理が可能な木製漆器。木製(くり抜き)加工で作れないデザインや軽さが持ち味の木粉樹脂製漆器。一般的には、木製よりも木粉樹脂の素地のほうが、価格はお手ごろです。ただ、塗りの回数や工程の複雑さによっては、木粉樹脂が高いことも。どちらにも良さがあるので、使い方にあわせて選んで欲しいと言います。

また木製の漆器の良さは、熱伝導率が低いため、熱いものをいれると冷めにくく、冷たい氷水をいれると氷が溶けにくく水滴がつきにくいこと。さらに抗菌効果が高いため、昔から料理を重箱に詰めるのは理にかなっていたとか。

「江戸な日用品」(平凡社)/撮影・喜多剛士

はじめて漆器を選ぶ場合には、産地や価格の比較ができる専門店を訪ねてみるのがおすすめ。自分で使う器ならばお好みで決めればいいけれど、贈り物にする場合には決まりごとがあるのでプロにご相談を。また生地が木製か木粉樹脂は、一見するだけではわかりにくいもの。だからこそ、そんなことまできちんと話してくれるお店ならば安心ですね。

 
お弁当箱からコーヒカップまで、暮らしになじむ漆器たち
工芸品から普段使いの器までさまざまな漆器をあつかう黒江屋で、大人女子たちに人気がある漆器をいくつかご紹介いただきました。

値段もお手ごろな拭き漆の椀は、普段使いの汁椀として人気。器を彩る木目があたたかい雰囲気を醸しだします。

越前塗・欅端反汁椀(木製・朱&黒)、山中漆器・欅切立汁椀(木製)/ともに¥3,300(税別)

モダンなのにほっこり感があるマグカップ。持ち手つきですが、熱伝導率が低いのでカップ部分を手で持っても大丈夫。同じデザインで大・小のサイズがあります。

山中漆器・溜内白マグカップ(木製)/¥6,000(大)、¥5,500(小)

ギフトにすることが多いカップ&ソーサー。最近は、マットに仕上げたシンプルなデザインも人気だとか。塗りのコーヒースプーンは、金属のスプーンと違って匂いがうつらないのでコーヒー好きにはおすすめ。

木曽漆器・茜内白コーヒーカップ・スプーン付き(木製)、溜内白コーヒーカップ・スプーン付き(木製)/ともに¥12,000(税別)

日本酒好きならば道具にもこだわりたいもの。塗りの片口でさしつ、さされつ、の休日はいかが?もちろんお酒だけではなく、お惣菜を盛り付けてもステキです。

会津塗・洗朱四寸片口(木製)/¥14,000円、会津塗・溜塗三七片口(木製)/¥16,000(ともに税別)

会社に手作り弁当を持参する弁当男子が増えている昨今、注目アイテムが塗りの弁当箱。漆器は抗菌効果も高いのでお弁当箱にぴったり。いいお弁当箱に詰めると、おかずがおいしそうに見えるから不思議ですね。

木曾漆器・檜摺り漆小判弁当(木製・朱)/¥7500、越前漆器・溜内黒小判弁当(木合)/¥7,000(ともに税別)

つけおき洗いはNG、洗剤で洗って水きりすればOK
お手入れが大変そうな漆器ですが、最近では食器洗浄機で洗える漆器も多いそうです。普段使いの器であれば、洗剤で洗って水きりだけしっかりすれば大丈夫。ただし塗りハゲや変形しやすくなるので、つけおき洗いだけは避けること。思った以上にお手入れもラクなのです。

特別な日の器と気負わず、汁椀やマグカップを日々の暮らしにとりいれてみませんか。

取材協力/

東京都中央区日本橋 1-2-6
黒江屋国分ビル2F
03-3272-0948
営業時間 9時00分~18時00分
土・日曜、祝日休み

(森有貴子)