Woman.excite

記憶に残るオンナ、残らないオンナ【妙齢男子のホンネ、聞きだしちゃいました! vol.3 】

たとえ恋が終わってしまっても、ずっと彼の記憶に残る女でありたいと思う人は多いのではないでしょうか。

© picxelimages – Fotolia.com

「ずっと忘れられない女」とは、どんな女なのか? すてきな恋愛を重ねてきた30~40代の妙齢男子たちの、リアルな声を聞いてみました。

■「男の恋は名前をつけて保存」は本当だった!?
「女の恋は上書き保存、男の恋は名前をつけて保存」なんて名言も飛びだす、男子と女子の恋愛観のちがい。女子が過去の恋をすぐに忘れても、男子はいつまでも記憶に残しているといわれていますが、本当のところはどうなのでしょうか。

「ああ、それね。まちがってはいないんだけど、“条件つき”だと思うよ」

そう即答するのは、フリーランスのデザイナーとして精力的に活動するEさん。30歳で独立するやいなや会社を立ちあげ、いまでは新しいサービスを生みだしつづけるヤリ手です。

「付きあった人全員じゃなくて、インパクトのある人2~3人が記憶に残りつづけている感じ。心のなかに指定席があるような感じかな。その人たちはどれだけ新しい恋をしても心から消えないし、きっとこれからも忘れないんだと思う」(Eさん)

なんと、「記憶に残る女」は選抜制だったとは…! こう聞くとどうせなら、その指定席に座る方法を知りたくなりますよね。

「う~ん、いままではあまり意識したことなかったけど、あらためて考えてみると“癒やし”かな。あったかい笑顔とか、つらいときにやさしくはげましてくれたこととかは、やっぱり何回も思いだしたくなる記憶だから、別れたあともふとしたときに思いかえしやすいのかも」(Eさん)

表立って人に甘えたり頼ったりすることがむずかしい大人の男性だからこそ、癒やしの記憶はいつまでもとっておきたいものなのかもしれませんね。

■忘れられない恋には秘密がある
「昔の恋をふりかえるとき、思い浮かぶのはいつも日常のどうでもいい場面。家の近所を散歩したこととか、駅の改札で別れ際に話したこととかね。奮発して出かけた記念日のデートや、すごく緊張していたはずの告白の場面とかは、なぜかまったく思いださない」

こういうのは、外資系企業に長年つとめるアラフォーのイケメン会社員・Kさん。女の子には食事代は出させない、というジェントルマンぶりでとにかく女性からモテる方。

「高級なレストランに連れて行ってよろこんでもらえたらそれはそれでうれしいけど、男ってホントのホントは学生時代みたいに、公園で缶コーヒー1本で女の子を口説きたいのかもしれないね。だから、なにげない日常のなかで彼女が素の自分を好きでいてくれたんだって実感できる記憶は、いつまでも忘れたくないものなんだよ」(Kさん)

そう話しながらもすでに顔がほころんできているKさん。女子としては特別な日のデートこそ気合いを入れなきゃと思いがちですが、むしろ力みすぎずに彼といっしょにいるだけで楽しいなあ、という自然な気持ちを大事にするのがいいのかも。

■ずっと記憶に残る女性との「別れ方」
「終わりよければすべてよし」という言葉もあるように、別れ方はその人の印象を左右するもの。恋愛でもそんなところは大いにあると思う、というのは、コンサルタントとして並みいる大手企業を担当しているWさん(30代)。

「別れ際がいさぎよい女性は、やっぱり記憶に残る。恨みつらみをいわないのはもちろんだけど、去るタイミングに脱帽させられる女性もいた。『好きだけどこれ以上いっしょにいたらお互いのためにならない』というときに自分からサッと立ちさるって、相当の人間力がないとできないと思う」(Wさん)

大人になると直面することもある、「好きだけじゃダメ」という場面。がんばることでお互いに疲弊していくなら、つらくても別れを選ぶという選択もとがめられるものではありませんよね。

つらいことも泣きたいこともあるけれど、それも含めてすてきな恋の記憶はあなたを成長させるもの。なにげない日常を大切にしながら、記憶に残るような楽しい恋をしてください!
 
 
 
(Tokyo Edit)