It Mama

乳児湿疹に薬は不要だった!? 湿疹には「ワセリン」を塗りたい理由

生後間もなく赤ちゃんに出る赤いポツポツ……“乳児湿疹”。筆者の娘も、生後3週間くらいに徐々に顔に出始め、すぐに全身に広がり、真っ赤になってしまいました。

そこで今回は、乳児湿疹における筆者の体験談や失敗談をもとに、薬も検査も“本当に必要な場合に必要な分だけ”を基本とし、“自らの治癒力”を活かす方法で診療をされている豊受クリニック院長の高野弘之先生に、乳児湿疹の対処法を伺ってきたのでお伝えします。

 

■乳児湿疹とは?

生後間もない時期から1歳くらいまでの間、赤ちゃんの顔などに生じる、湿疹のような症状を総称して“乳児湿疹”と呼びます。

この“乳児湿疹”は、生後すぐから4、5ヶ月頃までは、皮脂が過剰になっているために、ニキビのような湿疹や脂漏性の黄色い湿疹が出来ますが、その後は乾燥性のガサガサとした肌荒れになるなど、赤ちゃんの成長に応じて、原因と症状が変化していきます。 

ネットでは「そんなに気にしなくてもすぐに治る」という書き込みがあったりしますが、ママとしては24時間接しているため、ポツポツが出てくると「何かしてあげることはないか?」と焦ってしまいます。

筆者の経験上でのアドバイスをすると

●あまりに症状がひどく、なかなか治らない場合は病院に行くこと

“手足口病”などの感染症の恐れがあると病院で言われて、医師に診てもらいました。

●沐浴時には、ガーゼでゴシゴシこすらずに泡立てた石鹸でやさしく洗うこと

病院で教えてもらい実践すると、入浴後の乾燥が良くなってきました。

●爪は2、3日に1回切ってあげること

爪が伸びていると、皮膚をひっかいてしまい症状が悪化してしまいます。