Woman.excite

自分には何もない…不安を取りのぞく方法とは!?【心屋仁之助 塾】

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門が相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「自分には何もないことが不安」というmimiさん(26歳・派遣社員)に心屋塾上級認定講師のサトーマサトさんからアドバイスをいただきました。

© Alliance – Fotolia.com

■mimiさんのお悩み
はじめまして。私は昔から人付きあいに悩んでおり、長時間人と一緒にいられない性分です。反面、多くの友だちに囲まれている人を見ると強くうらやましいと感じ、自分には友だちがたくさんいないことにがっかりします。

数年前までは、人付きあいもがんばって、周りに人がたくさんいるときもありました。ただ、私がその方々と一緒にいたいわけではなくて、「人に囲まれてる自分が好き」「私ってこんなに愛されてるんだよ」ということを周りにアピールしたいだけということに気づきました。

そのわりに、私はすぐに人と比較してしまいます。「この子と比べて私は積極的じゃないし友だちも少ない」や「あの子は私よりもほかの人の方が大切なんだろう」、「私には特徴もないし、すごくもないし、人が寄ってきてくれないのは当たり前だ」などと考えてしまうため、人と一緒にいると心が疲れてしまうのです。

根本には、自分への自信のなさや、自分がみんなの一番になれない悔しさ、自分を表現することが恥ずかしくなり、自分らしさがなくなってしまったことへの悲しさがあるんだと思います。

でも、「私には何もない(得意なこと、自分らしさ、強みなど)から人が寄ってこないのは当たり前」と思うことにはとても違和感を感じています。

「何かがないといけない」という意識が、いつも私にはあるような気がするんです。そのために留学ををするなど、周りの人とはちがう特別な何か…付加価値のようなものをつけなければという気持ちになってしまうのです。

それに気づいてからは、自分に付加価値をつけるために何かをすることを辞めました。もっと気持ちを楽に生きたいと。

ただ、そうしたいま、やはり自分には何もないなとすごくすごく不安になります。

誰かと一緒にいても話題を考えてしまい、何を話したら良いかわからなくなってしまうのも、私がこんな思考をしているからなのでは…と思っています。こんなこと誰にも相談できないので、いつもひとりで抱えてしまって解決しないまま時が過ぎています。

いいたいことがまとまらず、すみません。とにかく、なぜ不安になってしまうのか、この不安を取りのぞくにはどのように考えてゆけばよいのかアドバイスをしていただきたいです。

長くなりましたが、どうかよろしくお願いいたします。

■心屋塾上級認定講師・サトーマサトさんより
mimiさん、こんにちは。サトーマサトです。

ビジネス世界では 「自社品には他社とはちがう付加価値が必要」とされます。また、自分自身を商品として売りこまなければならない、そんな場面もありますよね。

自分に付加価値つけようとして努力し 知識や実績を積みあげ、オシャレやぜいたくをする。これを、ビジネスの世界では成功・成長・自己実現なんていいます。

がんばって結果を残せば心が満たされるはず…人から愛される、認められるはず…。しかし、完璧な自分に近づいても、よい人間関係が築けず、自分に自身が持てない。がんばってうまくいってはいるけど、孤独を感じてしまう。

僕自身も、そんな元・製薬会社の営業(MR)でした。オマケにウツにもなりました。

mimiさんの「自分になにもないという不安感」を取りのぞく方法をひと言でいえば、「お悩みで書かれたことを周囲の人に話してみてください」です。

こういった mimiさんの不安な気持ちは、じつは誰しも持っているもの。人付きあいがうまく、うらやましいと感じる友だちをよく見てみてください。「自分の失敗やコンプレックスをオープンに話している人」「うそがない人」「本音で付きあってくれる人」ではないでしょうか?

人というものは「自分の弱さを見せている人」に安心したり、親しみを感じたり、共感するようです。いままでで身につけた「鎧=付加価値」を脱いで「裸=何もない自分」で人と付きあってください。

とても勇気がいりますが、自分の抑えていたちょっとカッコ悪い「本当の気持ち」を周囲の方に話してみてくださいね。周囲の人は、mimiさんが「オープンに接してくれた」「本音で付きあってくれてた」と感じることでしょう。これを心理学では、自己開示、心屋塾では「言えると、癒える」なんていいます。

mimiさんへの魔法の言葉は、こちらです。

「何もない自分でも 愛される 認められる」

自分自身の得意なところやよい所は、他人が教えてくれるものなのです。「自分に何もない」とおっしゃるmimiさんですが、自分では気づいていない、忘れてしまっている得意なところやよいところ所があるはずです。

mimiさんが勇気を出して自分の弱さをオープンにしたとき、「何もない自分でも 愛される 認められる」証拠を周囲の人がきっと教えてくれるでしょう。

【特集】
凍えたココロがほっこり温まる、心屋仁之助 塾

【質問募集】
心屋仁之助 塾 一門にお悩みを相談したい方はこちら
 
 
 
(サトーマサト)