Woman.excite

海外でこれさえ言えれば何とかなる!?【ムギ子のまじぽん使える英会話 Vol.24】

ハロージャパン! ライターの尾崎ムギ子です。

イラスト/尾崎ムギ子

毎晩、「明日、朝起きたら絶世の美女(Eカップ)になっていますように」と祈っているのですが、かなう気配がありません。祈りぞん。

■第24回:‘one’を制する者は英語を制す

美女といえば、石原さとみさん。英会話学校AEONのCMがとんでもなくキュートです。

Which one?(どっちの本?)

The greenish one.(緑のほうです)

ムギ子のまじぽん使える英会話

イラスト/尾崎ムギ子

か、かわいい…! 実際はイラストの3億倍かわいいです。

この‘one’は、「1つ」ではなく、「(1つの)物」という意味。海外にいくと、まず最初に使う表現がコチラ。

Can I have this one?(これください)

なぜいままでご紹介しなかったのか、謎なくらい、超頻出表現です。

まるっと覚えてくださいね。

なにかと使える‘one’。

イギリスでは“Nice one.”という言い方をします。

「ナイスなやつ」という意味で、日本語に訳すと「いいね」といった感じ。

例えば、

I’ve got my hair cut.(髪を切りました)

Nice one.(いいね)

※「髪を切りました」については、コチラの記事。

タレントのハリー杉山さんの決めぜりふでもありますが、決めぜりふというか、ふつうにイギリス英語なんですね。

ちなみにわたしの決めぜりふは「ハロージャパン」ですが、オリジナルはマイコーりょうさんです。

最初はちゃんと説明していたのですが、だんだんとしなくなりました。

パクりって、こういうところから生まれるのかな。

使用許可をいただきに、今度、マイコーさんが出演しているショーパブに行こうと思います。

ハローマイコー!

【本日のまとめ】
oneは「1つ」ではなく「(1つの)物」
 
 
(尾崎ムギ子)