Woman.excite

語学力は必要? 日本人が海外で働くのに必要なスキル

「海外で仕事をしてみたい」と思いながら、大学を卒業して社会人になってもその夢はかなえられないままでいる人は多いとか。

(c)Tijana – Fotolia.com

「社内で海外駐在員を目指す」「思いきって転職する」と、夢をかなえる方法は無限にあります。

今からでも遅くはない! 海外で働きたい女子のための、海外計画を紹介します。
 
■日本で働くのとはどう違う?
海外で働きたい人がまず知っておきたいのは、日本と海外の就職活動の違いです。

一番の違いは、企業が採用する人材の選び方が全く違うということ。日本の企業は新卒採用に力を入れています。

大学卒業生のなかから将来有望な人材を見いだし、採用してから会社で経験やトレーニングをして育てていく形態です。

それに対して海外の採用の観点は、即戦力です。入社後にすぐに会社で戦力として働くことができる人材を求めていることが多いのです。

そのため「入社したらこんなことができる」「こんな経験を生かして会社に貢献できる」という明確なビジョンが必要です。

■やっぱり必要! 語学力
海外で働くにあたって一番のハードルはやはり語学力です。海外で就職するのにどの程度の語学力が必要なのか? の目安はTOEICの試験のスコアでわかります。

社内文書は英語、会議も英語、社内コミュニケーションは全て英語の場合、これらをこなしていくためには700点以上必要になります。

しかし、700点あってもコミュニケーション能力がなければ全く生かすことができません。語学はスコアだけではないのです。大事なのは「話す能力」「聞く能力」なのです。

■社内での海外転勤を目指す
海外に支社のある企業に転職し、海外駐在員として派遣されることを目指すのも、海外で働くひとつの方法です。

転職の際に海外支店への熱意を会社に伝えられるよう、自分のビジョンを会社にアピールすることが大切。

もちろん、海外駐在員枠というのは少ないものなので、希望通りになる可能性は少ないこともあります。

しかし、入社の際から海外転勤への熱意を会社に伝えるよう努力しましょう。

企業からの海外駐在は、住宅費などに手厚い手当があることが多いので、自分で海外の現地採用を目指すよりも、安心して行くことができるのもメリットです。

まずは語学力を高めるために、国内で語学を徹底的に勉強してから挑戦することもよいですし、転職前に短期留学で語学を身につけるのもよいかもしれません。

「海外で働きたい」という夢に向かって、諦めずに挑戦し続けることが大事です。

もう遅い…とあきらめる前にぜひチャレンジしてみてください!
 
 
(フレシュラスともみ)