Woman.excite

恋のチャンスを逃していない!? 「惚れる力」を養って恋に前進!

アラサーともなると「次の恋は結婚に結びつくかも…」なんて思いもでてきて、なかなか踏みだせないなど恋に慎重になりすぎている人が多いように思います。

© mintybear – Fotolia.com

「結婚前に全てを知りたい!」「相手を見極めなきゃ!」と思えば思うほど、相手のダメなところを探りがちになるものです。

でも、そんな状態では相手のいいところを見過ごしてしまうかもしれません。それってじつは、とってももったいないことなのかも。

「相手を好きになる力」=「惚れる力」。枯れかけたその力、いまこそよみがえらせてみませんか?

■まずはいいところを素直に認めよう!
「気がきくな」「細かいことによく気づいてくれるな」など、なんでもいいのです。相手のいいところは素直にいいところとして受けとめましょう。

「細かいことによく気づくってことは、付きあったあとうるさいかも…めんどくさいかなぁ」なんて考え方は、恋が遠のく第一歩。

「いろいろ気づいてくれるってことは、私のことを気にしてくれてるんだな」くらいに思いましょう! その方がお互いに楽しく過ごせて笑顔でいられる時間が長くなります。

■「なんとなく楽」な友だちはほんとにそれだけ?
「一緒にいると落ちつくな」「この人といるといっぱい笑ってる自分がいるな」。それも彼の力であり、魅力のうち。

なんとなく一緒にいて楽な相手だと思っていた人のなかにもそんな風に思わせてくれる人、いませんか? 「友だち」だと言いきかせているのはあなたの先入観かも。居心地がいいと思える理由を真剣に考えてみるのもいいかもしれませんよ。

■いつものグチをポジティブな言葉に変える変換機能を備える!
「あの人ってなんか、話かみあわなくなーい?」そんなグチをこぼしてるときの表情はあなたの最高の表情でしょうか?

グチッている人って、とても人から見て好かれる顔ではないもの…。ほかの人がグチをいう姿を思いうかべてみてください。もしかしたらあなたもそんな表情になってるかも。

「この間は話が盛りあがらなかったから、今回は相手の好きな話題をふってみようかな」とポジティブに変換してみましょう。

相手をちがう角度から見られる上、自分にも余裕が生まれることから表情や態度もやわらかくなったりといいこといっぱい! “惚れる力”のほかに“惚れられる力”もアップするかもしれません。

「好かれたい」のはみんな一緒。でも、少し考え方を変えると、新しい恋が動きだすかもしれませんよ。

(鈴奈)
 
 
 
(鈴奈)