WWO-Woman Welleness Online-

メイクのときにチェックして!舌でわかる「体の不調サイン」3つ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

女性なら誰しも毎日必ず1回は鏡を見るはず。いつもどんなところを見ていますか? たいていの人はしみが増えていないかなどといった肌の調子やメイクを確認したりすることが多いでしょう。

たしかに、美容も大切ですが、そのためには健康であることが最低条件です。実は、顔には体の不調があらわれています。鏡を見る時にチェックすれば、早めに対処することが可能です。

そこで今回は、国際中医薬膳師の筆者が、不調がわかる“舌”の状態をご紹介したいと思います。

 

■舌を見ればわかる!「不調のサイン」3つ

(1)舌の周りがボコボコしている

あっかんべーと舌を出して舌の周りにボコボコと歯形がついている場合、体の中は水分過剰になっています。そのほか、東洋医学では胃腸の虚弱、または腎臓の虚弱も疑います。

水分を摂り過ぎていないか見直しましょう。また、冷たい物は代謝を下げ水分の排出を悪くするので、温かい物を摂るように心掛けましょう。

薬膳食材では、むくみに効果がある“利水(りすい)”の働きがある食材を。春が旬のアスパラガス、グリーンピース、クレソンのほか、小豆、玄米、マンゴー、メロンなども効果があります。

 

(2)舌の周りに亀裂が入っている

舌の中心には誰でも正中線がありますが、気をつけたいのが舌の周りに亀裂が入っている時。体の中の水分が減少しているため、唾液が少なく口の中が乾き亀裂が入ってしまいます。

加齢とともに水分は不足しがちになりますが、若い人でも虚弱体質やストレスでなることも。喉が渇いていないから、トイレが近くなるのが嫌だからと、ほとんど水分摂らないは間違い。体の中が正常に機能するためには水分は欠かせません。

薬膳食材では、“潤肺(じゅんぱい)”の働きを持つ食材に、乾燥によるさまざまな症状を治める効果があります。潤肺の食材は、やまいも、ハチミツ、アーモンド、バナナ、オレンジなど。ぜひ取り入れてみてください。

 

(3)舌を出すと震える

舌を出した時、小刻みに震えて驚くことがあるかもしれません。それ、気づかないうちに体力が落ちているのかも。貧血、緊張している時にもこのような症状があらわれます。

少し頑張り過ぎていないか生活を見直すと同時に、造血機能を促進する“補血(ほけつ)”の食材を摂りましょう。

補血の食材には、ほうれんそう、プルーン、レバーなど貧血に良いといわれるもののほか、黒ゴマ、あさり、鮭、たこなどがあります。

 

せっかく毎日見る鏡。メイクのついでに舌もチェックして、自分の健康状態を知るきっかけにしてくださいね。

【著者略歴】

坂本 雅代 ・・・ 国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士。これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在はサロン経営、エステ講師、美容ライターとして活動中。

【画像】

※ Subbotina Anna / Shutterstock

【関連記事】

※ 女性ホルモン活性化♡オンナっぷりを上げる「薬膳食材」3つ

※ だるい、無気力、憂鬱…春に「何だか気分が落ち込む」理由

※ どうも気分が沈む…「なんとなくブルー症候群」を食べて改善させる方法3つ

※ 1日続く若さをつくる!「最強うるハリ肌」になれる方法って [PR]

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]